ST Life.augmented
sense_power

パワー・ショットキー・ダイオード

STのパワー・ショットキー・ダイオードは、低電圧ドロップ特性を兼ね備えており、リカバリー損失がゼロもしくはごくわずかです。 動作範囲は15~200Vおよび1~240Aであるため、OR-ingや48Vコンバータから、バッテリ充電器、溶接機器までのあらゆるアプリケーションのニーズをカバーします。 これらには、改善したアバランシェ耐性が指定されています。

最新のデバイスは、60V、80V、120Vの中間VFおよびIR、ならびに200Vパワー・ショットキー・ダイオードです。

これらは、業界標準の外形を持つスルーホールおよび表面実装パッケージで提供されています。この他、ソーラー・パネル・ジャンクション・ボックス向け設計として、30Vおよび45Vバイパス・ダイオード用に高電力密度化した新しいPowerFLAT™パッケージといった、幅広いパッケージで提供されます。 STが発表した最新のパッケージは、セミスリムまたはスリム型ノートPC用アダプタで使用するのに特に適したナローリードTO-220ABパッケージです。 このパッケージはリード・ショルダが狭いため、PCB内部に完全に挿入できます。現在、このパッケージでは定格が60V、80V、100V、および120Vのパワー・ショットキー整流ダイオードが対応しており、その他のダイオードでもまもなく利用できるようになる予定です。

新しい200 Vパワー・ショットキー・ダイオードLED照明アプリケーション向け

STのSTPS2200 2 A、200 Vパワー・ショットキー・ダイオードは、白熱電球の代替となるLED電球に使用されるフライバック電源に最適です。厚さ1 mmのSMBパッケージとSMBflatパッケージに封止されたこの部品は、PCBの小型化に重要な役割を果たします。街路灯のアプリケーションでは、STPS2200をフリーホイール・ダイオードとして使用することにより,バック・トポロジによるドライバ回路の効率を向上させることができます。
直管型の照明機器のような大電力アプリケーション向けには、標準的な超高速ダイオードよりも高効率な,2 x 10 Aコモン・カソード構成のSTPS20200Cが、フォワード・トポロジを含むLED照明用スイッチング電源の消費電力低減に役立ちます。STPS20200Cはさまざまなパッケージに封止されています。
Feedback Form
Customer Feedback