ST Life.augmented

プレスリリース

STマイクロエレクトロニクス、STM32 F3マイコンの量産開始と9軸MEMSセンサ搭載の開発キットを発表

複数センサを利用するアプリケーション向けに、STM32 F3のDSP処理および浮動小数点演算の性能と、MEMSジャイロ・センサおよび電子コンパスを入手しやすい開発キットに統合

ジュネーブ発 /

エレクトロニクス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、新しい高性能32bitマイクロコントローラ(以下マイコン)であるSTM32 F3の量産を開始すると共に、同製品を使用する開発案件向けに革新的な開発キットSTM32 F3の量産を開始すると共に、同製品を使用する開発案件向けに革新的な開発キットSTM32 F3 Discovery Kitを発表しました。

各種MEMSセンサ(ジャイロ・センサおよび電子コンパス(1))を搭載したSTM32 F3 Discovery Kitは、9項目の自由度(DOF、degrees of freedom)(2)を持ち、新しいマイコン・ファミリの高度な信号処理および演算機能を利用することで、AHRS(Attitude Heading Reference Systems、姿勢方位基準装置)(3)等のセンサ・フュージョンに基づくアプリケーションを競争力のある価格で実現します。センサ・フュージョンおよび強力な演算能力が、携帯型ゲーム、拡張現実、光学手ブレ補正、携帯型ナビゲーション、ロボット、産業用自動化システム等の各種アプリケーションにおいて、先進的な3次元モーション検知システムを可能にします。

STのマイクロコントローラ製品事業部 ジェネラル・マネージャであるMichelBuffaは、次の様にコメントしています。「STのSTM32 F3マイコン・ファミリとMEMSセンサの強力な組み合わせは、卓越した性能・機能を提供する新たな設計を競争力ある価格で実現することができます。当社の最先端技術により、開発者は腕時計ほどの小さな機器に先進的なセンシング機能と内蔵処理機能を実装することができます。」

STM32 F3 Discovery Kitには、STM32 F3マイコンを使用する様々な開発案件をはじめる上で、エンジニアが必要とするもの全てが含まれています。同開発キットには、STM32F303マイコンとチップセット、表示用LED、プッシュボタン制御、入出力ピン・ヘッダ、ホストPCとの接続用USBを搭載した、即座に使用可能なプロトタイプ・ボードが含まれています。また、マイコンの全ピンがアクセス可能なポイントに引き出されているため、テストとデバッグに便利です。ボードに搭載されているMEMSセンサは、STの広範なMEMSポートフォリオ(センサおよび慣性モジュールiNEMO®)にある3軸デジタル・ジャイロ・センサL3GD20と6軸地磁気モジュールLSM303DLHCです。

同開発キットは、Altium社、Atollic社、IAR社、Keil社™等の主要ベンダ各社が販売するSTM32ソフトウェア開発環境と互換性があります。
 
2012年6月に発表したSTM32 F3(STM32F30x / STM32F37xシリーズ含む)の量産は、2012年第3四半期に開始される予定です。

STM32F30xシリーズは、DSP(デジタル信号プロセッサ)とFPU(浮動小数点ユニット)を特徴とするARM® Cortex™-M4 コアの高度な演算能力を、先進的なペリフェラルと組み合わせています。このマイコンは、AHRSアルゴリズムを効率的に実行するための浮動小数点マトリックス演算能力を提供するため、高性能なセンサ・フュージョンを利用するアプリケーションにおいて、MEMSセンサと併用するのに最適です。設計者は、この優れた電力効率を利用して省電力化したり、アプリケーションの実行時間を最適化することができます。

STM32F30xシリーズのペリフェラルには、ARM Cortex-Mベース・マイコンの中でもAD変換能力が最速である4個のADコンバータ(12bit、5Msps)等があります。その他、高速コンパレータ(50ns)が7個、PGA(Programmable-Gain Amplifier、精度1%)が4個、DAコンバータ(12bit)が2個、2台のモータの同時制御やデジタル電源、データ・サーバ、太陽光発電用マイクロインバータ等のアプリケーションに使用できる高度なタイマが2個搭載されています。

STM32F37xシリーズには、STのマイコンに初めて内蔵された16bit ΔΣADコンバータ等を独自に組み合わせたペリフェラルが搭載されています。同シリーズの製品は、これらのADコンバータを最大3個まで搭載し、個別の汎用プロセッサとADコンバータに代わる高精度センシング・アプリケーション向け1チップ・ソリューションの基準となります。

また、STM3 F3 Discovery Kitに加え、2種類の評価ボードが用意されており、STM32 F3シリーズをサポートする完全な開発エコシステムと共に、STM32F303およびSTM32F373の能力を完全に引き出すことができます。STおよび販売代理店各社は、STM32 F3の簡単な使用開始を解説するセミナーを世界各地で開催する予定です。

STM32F3 Discovery Kitは、数週間以内で入手可能になり、希望小売価格は10.90ドルです(注文コード:STM32F3DISCOVERY)。STM32F30xおよびSTM32F37xの単価は、 1000個購入時に約2.54~3.86ドル および約2.24~3.69ドルです。大量購入時の価格についてはお問い合わせください。

iNEMOおよびSTM32は、STマイクロエレクトロニクスの登録商標です。ARMおよびCortexはARM社の商標です。

(1)STの「電子コンパス」もしくは「地磁気モジュール」は、3軸デジタル地磁気センサおよび傾き補正用の3軸デジタル加速度センサを1パッケージに統合しています。
(2)9項目の自由度は、各3軸の直線運動、角運動、磁界運動により計算されます。
(3) AHRSシステムは、ジャイロ・センサ、地磁気センサおよび加速度センサの測定データから、専用アルゴリズムを用いて3次元方向を計算し、姿勢方位情報を提供します。

 

高解像度画像(300dpi)ダウンロード

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、Sense & Powerおよびマルチメディア・コンバージェンス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ・セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆるシーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活に向けた技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。

2011年の売上は97.3億ドルでした。さらに詳しい情報は、STのウェブサイト( " type="">www.st-japan.co.jp )をご覧ください。

Feedback Form
Customer Feedback