ST Life.augmented

プレスリリース

STマイクロエレクトロニクス、デジタル・セキュリティの新しい世界標準規格に貢献

安全な電子商取引に向けた次世代標準アルゴリズムを作成する国際コンテストで、STの暗号作成者3名を含む4名で構成された強力なチームが優勝
ジュネーブ発 /
多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーであるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、セキュア・マイクロコントローラ事業部およびアドバンスド・システム・テクノロジー・グループに所属する暗号作成のエキスパート3名が、デジタル・セキュリティの新しい世界標準規格であるセキュア・ハッシュ・アルゴリズム(SHA-3)を開発する国際コンテストで優勝したことを祝福しました。

アメリカ国立標準技術研究所(NIST)が2007年に開始したこの国際コンテストは、世界各国で数多くのセキュアなアプリケーションに使用されているセキュア・ハッシュ・アルゴリズム(SHA-2)の後継を選ぶことを目的としています。最初、64チームがコンテストに参加しました。2010年、NISTは、最終選考に進む5チームを決定し、そして2012年10月上旬に、優勝チームのアルゴリズムが新しいSHA-3規格として発行されたことを発表しました。暗号分野のエキスパートは国際コンテスト全体を通して、候補のアルゴリズムを分析・評価を行いました。

デジタル署名やメッセージ認証コードなどのデータ改竄を防止するセキュア・ハッシュ・アルゴリズムは幅広く使用されており、ネット・ショッピングや有料TVアクセスからバンキング、コンピュータ・セキュリティ、セキュア・データ・ストレージ、政府機関の通信に至るまで、日々の活動に不可欠なものとなっています。

優勝したアルゴリズムは、開発メンバーによりKeccakというコード名が付けられていました。この強力なチームは、STのエキスパートでAES(秘密鍵暗号方式の業界標準)の共同発明者であるJoan Daemen、Guido Bertoni、Gilles VanAsscheに加え、ベルギー人の暗号作成者でSTの元従業員であるMichaël Peetersの4名で構成されていました。Keccakは、強化されたセキュリティに加え、メモリ・フットプリントが小さく、様々なコンピューティング・デバイス上で的確に駆動します。ハードウェアに実装されたKeccakは、SHA-2や決勝に進出したその他のアルゴリズムより高いパフォーマンスを示しました。また、比較的コンパクトなソフトウェア・フットプリントが、スマート・デバイスや「Internet of Things」に最適で、システムおよびプロトコル設計における新たな機会が広がります。Keccakは、現在のセキュア・ハッシュ・アルゴリズムに対する攻撃が継続される可能性を考慮し、この種の攻撃には高い耐性を持っています。

Keccakは、STがデジタル・データ保護の革新的なソリューション開発に精力的に取り組んでいることを実証しています。この取り組みは、初期の研究・開発投資から始まり、堅牢なセキュリティ・テクノロジを創り出しました。このテクノロジは、セット・トップ・ボックス、サーバ、ゲートウェイ、セキュア・マイクロコントローラ・ソリューション等、STの数多くのシステム・オン・チップにすでに実装されています。

STマイクロエレクトロニクスのセキュア・マイクロコントローラ事業部ジェネラル・マネージャであるMarie-France Florentinは、次の様にコメントしています。「これはKeccakチームによる素晴らしい成果であり、このアルゴリズムはデジタル・セキュリティの新しい世界標準になろうとしています。Gilles、Guido、Joanは、STでデジタル・セキュリティを専門に研究を続けており、お客様に彼らの国際的に認知された専門知識を提供することで、クラス最高のセキュア・ソリューションの実現に貢献します。」

STマイクロエレクトロニクスについて

STは、Sense & Powerおよびマルチメディア・コンバージェンス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ・セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆるシーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活に向けた技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。

2011年の売上は97.3億ドルでした。さらに詳しい情報は、STのウェブサイト( www.st-japan.co.jp )をご覧ください。

報道関係お問い合わせ先
STマイクロエレクトロニクス(以下ST)
Michael Markowitz
Director Technical Media Relations
+1 781 591 0354
michael.markowitz@st.com

Feedback Form
Customer Feedback