MySTに保存

医療用イメージング機器

概要
ドキュメント
ツール & ソフトウェア
ソリューション
医療診断機器の中でも極めて重要な分野であるイメージング機器は、臓器や組織に関する情報を提供します。医療スタッフに驚くほど豊富なデータを提供して、診断プロセスをサポートするのがその役割です。 磁気共鳴画像診断装置(MRI)などの医療用イメージング機器は、極めて複雑かつ大型で、大量の電力を消費する場合があります。これらの重要な医療機器の設計では、極めて高い信頼性と、患者および医療スタッフの双方に対する安全性を保証する必要があります。また、画像生成に使用される電気信号の検出および生成には極めて高い精度が求められます。 STは、超低消費電力の32bitマイクロコントローラSTM32、高効率のパワー・マネージメントIC、高性能オペアンプ、コンパレータ、プロテクション・デバイス、さまざまなモータ制御ソリューション、超音波検査装置に必要な高周波パターン生成専用に設計された高電圧ミックスド・シグナルICなど幅広い製品を提供しています。

X線CT

X線およびコンピュータ断層撮影(CT)による医療用イメージング技術では、物質や組織の吸収特性の違いを利用して、体内の各部分の画像を作成します。CTでは、身体の周囲のX線源を回転させ、さまざまな場所と時間の画像を互いに照らし合わせることで、3Dグラフィックスも生成します。  スキャナのコア部分は、X線の発生器と検出器です。検出器としてはフィルムまたは、現在では多くの場合、専用の画像センサが使用されています。装置にはこれ以外に、患者の収容設備を備えるとともに、医療スタッフが装置を適切に操作し制御する
詳細はこちら

磁気共鳴画像診断装置(MRI)

磁気共鳴画像診断装置(MRI)は、強磁場を生成する超伝導コイルと高精度・高出力の無線周波数システムを使用して水素原子の固有振動周波数を励振し、人間の組織や臓器の画像を取得する極めて複雑なシステムです。 この装置はメイン・コアに加え、患者の収容設備を備えるとともに、医療スタッフが装置を適切に操作し制御するための手段をすべて提供する必要があります。 STは、RFアンプ用のSTAC®エアキャビティ・パッケージに封止された高周波/超短波(HF/VHF)DMOSトランジスタや、STM32マイクロコントロー
詳細はこちら

超音波診断装置

超音波診断装置は、プローブを使用して(非可聴域の)音波を患者の皮膚に直接印加し、さまざまな組織や臓器に接する際にそのエコーによって生じる伝播時間と振幅の差を解析することで機能します。 このような非破壊的技術は、リアルタイムの画像を生成し、心エコー検査や胎児診断などの用途で便利に利用できます。 再生画像の品質を確保する上で鍵となるのは、プローブが(通常、圧電トランスデューサを使用して)同時に処理できるピクセル数、および空間的・時間的に波形の焦点を合わせる機能(ビームフォーミング)です。 STは、圧
詳細はこちら

製品 & ソリューション

STは、超低消費電力の32bitマイクロコントローラSTM32、高効率のパワー・マネージメントIC、高性能オペアンプ、コンパレータ、プロテクション・デバイス、さまざまなモータ制御ソリューション、超音波検査装置に必要な高周波パターン生成専用に設計された高電圧ミックスド・シグナルICなど、幅広い製品を提供しています。