Embedded Technology WEST 2018

2018年7月5日(木)~6日(金)
グランフロント大阪(STブース : A-01)

STマイクロエレクトロニクスは、2018年7月5日(木)~6日(金)まで、グランフロント大阪で開催される「Embedded Technology WEST 2018」に出展します。

STブースでは、ネットワーク・エッジからクラウド接続まで、Smart Industry、Smart Home & City、Smart Thingsを構成するさまざまなIoT組込みシステムに向けた、プロセッシング、センシング、コネクティビティおよびモータ・電源制御などの最新半導体ソリューションに加え、STが開発したヒト型ロボットを展示します。また、ブースでは、システム開発の期間短縮やコスト削減を可能にするマイコン開発ボード(STM32 Nucleo)と機能拡張ボード(X-NUCLEO)の無料プレゼントも実施します。

さらに、MEMSセンサ搭載機器のソフトウェア開発を加速する新しいGUIツールや、マイコンで動作する組込みAIに関する出展者セミナーも開催する予定ですので、この機会にぜひご来場ください。

展示会 : Embedded Technology WEST 2018
日時 : 2018年7月5日(木)~7月6日(金) 10:00~17:00
会場 : グランフロント大阪コングレコンベンションセンター(北館地下2F)
STブース : No.A-01

来場事前登録はこちら

主な出展製品

  • ヒト型ロボット・デモ
  • IoTソリューション
  • マイコン対応組込みAIソリューション
  • コネクティビティ・ソリューション
  • センシング・ソリューション
  • モータ・ソリューション
  • 電源ソリューション など

出展者セミナー

  • MEMSセンサ搭載機器のソフトウェア開発を加速する新しいGUIツール「AlgoBuilder」を使ってみよう!

    IoT分野において、センサは欠かせないキー・デバイスとなっている。センサ・データから、人や装置の状態を推定するアルゴリズムの開発は、重要で手間のかかる作業だが、STのAlgoBuilderは、グラフィカル・ユーザ・インターフェースにより、センサを活用するアルゴリズム開発を飛躍的に効率化するための新しいソフトウェア開発ツールである。本講演ではAlgoBuilderを使ったアルゴリズム開発手法を具体的に解説する。

    日時 : 2018年7月5日(木)15:15~16:00  会場 : ルーム7
  • IoTを加速させる!マイコンで動作する組込みAI

    IoTが本格普及する中、無数のネットワーク・エッジ(端末)が設置され、ネットワークにアップロードされる通信データ量はこれまで以上に増加している。本講演では、クラウドやネットワークにおける通信データ量の削減と負荷低減および端末の低消費電力化に貢献する“エッジ・コンピューティング”のコンセプトと、その実現を貢献するArm® Cortex®-Mマイコンならびにマイコン上で動作する組込みAIについて解説する。

    日時 : 2018年7月6日(金)13:15~14:00   会場 : ルーム8

※出展者セミナーのご参加には、ET West 2018公式ウェブサイトからの事前登録が必要です。

セミナー参加登録はこちら

×