推定

バッテリ寿命と消費電力を予測

シミュレーション・ツールでバッテリ寿命や消費電力の推定時にファームウェアを考慮

IoT開発者は、仮想の試作品を協調環境で構築できるので、設計サイクルの早い段階でバッテリ寿命、性能、およびコストのバランスを図ることができます。試行錯誤にかかる時間をわずか数日に減らすことが可能です。

メリット

メリット

  • 単純な回路図とファームウェア入力を数分で構築
  • 以下の信頼性の高い推定値を素早く生成
    • バッテリ寿命
    • システムの消費電力
    • 部品(BOM)コスト

GUIを使用してハードウェアとファームウェアの設計をセットアップ

STのICや電気部品を回路設計にドラッグアンドドロップするだけです。希望のパラメータで設計を強化した後は、Visualプログラミング・ブロックを使用し、同じ単純な方法でファームウェアを構築できます。

バッテリ寿命と消費電力を高精度に予測

本ツールは、高精度なコンポーネントやバッテリ・モデルを使用し、特許取得済みのモデリング・テクノロジーを実装しています。ユーザ・インタフェースには、多様な詳細情報を含む包括的な結果、グラフ、および表が表示されます。