オンデマンド・ウェビナー:超低消費電力ドライバで広がる非接触アプリケーション FlightSense™ ToF測距センサ

このオンデマンド・ウェビナーでは、STのToF測距センサ用超低消費電力(ULP)ドライバの概要から、さまざまな応用例、開発エコシステムまで、幅広く解説します。

whitepaper banner stm32mpu

STのFlightSense™ ToF測距センサは、プレゼンス検出に特化した超低消費電力(ULP : Ultra Low Power)ドライバを使用することで、検出センサとしても活用することができます。センサをホストの介入なしで自律的に動作させ、対象物の検出時のみ割込みを発生させるため、アクセス管理やホーム・オートメーションなど、幅広いアプリケーションで非接触制御を実現します。

 

 

アジェンダ

  • FlightSenseとは
  • ToF測距センサの超低消費電力化
  • 主要アプリケーション
  • 超低消費電力(ULP)ドライバ
  • 開発エコシステム