保全業務を効率化する先進的な状態モニタリング

 

製造業やエネルギー産業、交通機関などあらゆる業界で、機器や設備の状態モニタリングのスマート化や予知保全の実現に向けた投資が活発化してきました。

インフラの監視では重要経営指標(KPI)で最も重視する安全性の向上を目指して、製造業やエネルギー産業では生産性のさらなる効率化を狙って、それぞれの産業が抱える課題を効果的に解決する手段としてこれらのテクノロジーの活用に期待が集まっています。

製造業やエネルギーの分野では、効率性の追求が特に重要な意味を持っています。これは、地域レベルでの商業活動を促進するだけでなく、現代の生活が地球規模で及ぼす環境への影響を軽減するために政府が設定した目標を達成するための基本となるものです。

オートメーション化が進んだ現代において、効率性とメンテナンスは密接に関係しています。このホワイト·ペーパーでは、計画外のダウンタイムや突然の故障、インフラの老朽化など、生産性を低下させる可能性のある課題にどのように対処するかを説明しています。

このホワイトペーパーの主なトピック

  • 状態モニタリングに用いられる主な技術
  • システムレベルでの状態モニタリングの設計
  • スマート·センサ·ノードとゲートウェイ
  • センサ·データ管理
  • データ保護
  • エッジでデータを処理する利点
 
お客様のプロフィール情報をSTが処理する方法、及びお客様の個人データ保護の権利を行使する方法について説明した、STのプライバシー・ステートメントをご確認ください。