Using advanced condition monitoring solutions to improve efficiency and identify failure points

 

Today condition based monitoring and predictive maintenance are major fields of investments across industries, from manufacturing to energy to transportation and well beyond.

They are gaining pace and attracting attention in many areas, including infrastructural monitoring, where the major KPIs are related to safety more than energy or cost savings.

In the fields of manufacturing and energy, the pursuit of higher efficiency is particularly pervasive. It not only drives commerce at a local level, but it is also fundamental to meeting targets set by governments to reduce the environmental impact modern life is having, globally.

With efficiency intrinsically linked with maintenance in today’s age of automation, this white paper explains how you can meet challenges due to unplanned downtime, sudden failures and aging infrastructure which can bring innovation to a halt.

This white paper covers the following topics:

  • How technology is enabling condition monitoring
  • Designing for condition monitoring at the system level
  • Smart sensor node and gateway: at the core of the system design
  • Sensor data management
  • Data security
  • The benefit of processing data at the edge to gain insight
 

STは、お客様が関心を持たれると考える他の製品およびサービスをお客様にご提案するため、お客様の閲覧履歴を取得し、お客様が過去にアクセス、購入またはダウンロードした製品およびサービスの詳細を利用します。
STは、STの製品およびサービスに関するニュースレター、広告、およびその他の特定のターゲット・マーケティング資料を(直接、またはSTの現地関連会社あるいは販売代理店を通じて)お客様にお送りするため、お客様がSTに直接提供する、および / またはSTのウェブサイトでのお客様の行動を通じて提供する個人データを、個人情報保護方針に従って利用します。お客様の個人データは、ヨーロッパ連合域内および同連合域外の国にあるSTの現地関連会社および販売代理店に提供されることになります。STの現地関連会社および販売代理店の一覧は、当社のウェブサイトの個人情報保護方針で確認することができます。特定のターゲット・マーケティング資料をお客様にお送りするために、お客様がSTに対して直接および / またはSTウェブサイトでのお客様の行動を通じて提供する情報は、STが別な状況(例えばお客様がST、STの現地関連会社または販売代理店と取引関係を結ぶ場合など)でお客様から取得した他の情報と統合される場合もあります。