Whitepaper: Protecting OEM assets and ensuring firmware integrity through STM32 and open-source solutions

whitepaper banner stm32mpu

 

 

アセットを盗難や破壊などから守ることは、例えそれが特に厳重な保護が求められるものでなくても、簡単ではありません。エンド・ユーザからエンジニアリング・コミュニティ、投資家まで、ITネットワークのバリューチェーンでは、これまでセキュリティの確保に向けたソリューションの導入と実装には消極的でした。

組込みシステム・メーカーは、開発投資を削減するためだけでなく、製品をより早く市場に投入して市場シェアを獲得するためにも、開発時間を短縮する革新的方法を求めています。こうしたメーカー側の開発時間とコストの削減に向けて、STは、STM32マイクロプロセッサ向けOpenSTLinux distributionをベースにしたソリューションの活用を提案しており、Trusted Firmware-A(TF-A)、OP-TEE、U-Bootのオープンソース・コミュニティを中心に構築した「信頼の連鎖(chain of trust)」の提供により、組込みシステム・メーカーのファームウェアの整合性の確保に貢献します。

このホワイトペーパーでは、STM32MP1プラットフォームで提供している多様なセキュリティ機能のうち、組込みアプリケーションへのセキュア・ブート技術の実装に焦点を当てて、セキュア・ブートに関連した様々なセキュリティ上の課題を解説します。

また、オープンソース・ソフトウェアを活用して、セキュアで低コストな組込みソリューションの実装をどのように促進できるかについて説明しています。この機会にぜひダウンロードいただき、ご覧ください。

whitepaper preview banner

 

このホワイト・ペーパーの主なトピック

  • セキュア・ブートの仕組みと重要性
  • 信頼の連鎖(chain of trust)によるOEMとユーザ・データ保護の仕組み
  • セキュア・シークレット・プロビジョニングを使用したOEM製造施設の保護
  • セキュリティに対するオープンソース・アプローチの利点