電気自動車用バッテリ・マネージメント・システム

電気自動車のバッテリ管理を もっと高精度に。

2038年までに電気自動車(EV)とハイブリッド電気自動車(HEV)の売上高が従来型の内燃機関(ICE)パワートレイン対応の自動車の売上高を上回り、今後10年以内に同等の価格になると予測されています。EVおよび高電圧設計の電気システムにおける課題の大部分は、パワートレインに関連するものです。

電気モータへのエネルギー供給では、SiC(シリコン・カーバイド)をはじめとする先進的なパワー半導体の登場や、電源トポロジにおけるイノベーションに伴って高効率化が進んでいます。また、EV用の充電(パイル)ステーションは、充電時間をガソリン車の給油時間に近づけるため、97%を超える効率で最大350kWの高速充電を実現しています。

しかし、バッテリについては依然として改善の余地が多くあります。

例えば、過去10年で電力密度が飛躍的に向上されているバッテリ・セル自体の組成と、バッテリ・セルがバッテリ・パックとして電力供給システムを構成する際のパワー・マネージメントという2つの側面が挙げられます。

このホワイト・ペーパーの主なトピック

  • EV用バッテリ・マネージメント・システム(BMS)の重要性
  • バッテリの構成要素
  • BMSの課題
  • バッテリ・セルのモニタリング・ソリューション
  • 恒常的なシステム管理
  • 高性能BMS向けソリューション
          
 
お客様のプロフィール情報をSTが処理する方法、及びお客様の個人データ保護の権利を行使する方法について説明した、STのプライバシー・ステートメントをご確認ください。