オペアンプ

概要
製品セレクタ
ソリューション
ドキュメント
CADリソース
ツール & ソフトウェア
eDesignSuite

オペレーショナル・アンプリファイア(オペアンプ)は、アナログ・シグナル・コンディショニング・アプリケーションで重要な役割を果たします。1941年にKarl Dale Swartzel Jr.氏によって発明されたこの製品は、幅広い電子機器に使用されています。

また、Industry 4.0を目指す産業アプリケーションにとってきわめて重要な役割を担っていますが、電動化への移行を目指す自動車業界にとっても非常に重要です。

STのオペアンプ

STのオペアンプは、高性能、低消費電力、高精度および小型パッケージを特徴としています。
動作電源電圧範囲は1.5V~44V、動作温度範囲は-40℃~+175℃までのラインナップがあります。

オペアンプの用途およびSTのオペアンプのメリット

オペアンプの主な用途は以下のとおりです。

  • ACおよびDC信号増幅
  • バッファリング
  • 駆動信号
  • ゲインおよびレベル・シフティング
  • フィルタリング
  • 演算の実行

ST製品は<29>以下のメリットを提供しています</29>。

  • 最小600nAの超低消費電流を実現したマイクロパワー・オペアンプの製品ポートフォリオを提供
  • 信頼性の高い業界標準オペアンプおよび高性能オペアンプの大量供給が可能
  • CSP / DFN / QFN / SOT-23 / SC-70などのパッケージで実装面積の小型化
無料ウェビナー

 

オペアンプ:産業用システム向けの新しい電流センス・アンプ・ソリューション

STのウェビナーを無料でご覧いただけます。

オペアンプの種類

各アプリケーションには、それぞれに適したオペアンプの選定が必要です。STは、要求の厳しい産業用、車載用、およびコンスーマ機器向けに幅広いオペアンプを提供しています。

10年間の長期供給保証プログラム
  • 低消費電力オペアンプ

    バッテリ寿命の延長に貢献する低消費電力オペアンプは、さまざまなアプリケーションに適しています。

  • 高精度オペアンプ

    STの高精度オペアンプ・ソリューションには、ゼロドリフト・オペアンプおよび低オフセット・ドリフトのオペアンプが含まれ、ガス、温度、大気圧、ポジションなど、あらゆるセンサとの組み合わせに最適です。

  • 低入力バイアス電流オペアンプ

    STの低入力バイアス電流オペアンプは、インピーダンス変換用途や高インピーダンス・センサを扱う場合に最適です。

  • レール・ツー・レール・オペアンプ

    STのレール・ツー・レール・オペアンプは、さまざまな動作電圧範囲、消費電力やゲイン帯域幅をもちます。

  • 高電圧オペアンプ

    2.7Vから36Vまでの広い電源電圧範囲に対応したSTの高電圧オペアンプ・シリーズは、フィルタ、電源、モータ制御、アクチュエータ駆動、ホール・センサ、抵抗トランスデューサなどといった幅広い車載用および産業用アプリケーションの設計を簡略化します。

  • 高速オペアンプ

    STは、高性能高速オペアンプの幅広い製品ポートフォリオを提供しています。

オペアンプ

TSV792高速オペアンプ

TSV792広帯域、低オフセット、レール・ツー・レール・オペアンプ

TSZ181ゼロドリフト・オペアンプ

TSZ181 超高精度、ゼロドリフト・オペアンプ

TSB712 6MHz高精度オペアンプ

TSB712 6MHz高精度レール・ツー・レール・オペアンプ

車載アプリケーション向けオペアンプ

車載用オペアンプ

STは、車載アプリケーションにおいて要求されるきわめて高い信頼性と品質を特徴とする車載用オペアンプを提供しています。

車載用オペアンプ製品の詳細

オペアンプ - クイック・リファレンス・ガイド(PDF)

以下の内容を含むクイック・リファレンス・ガイドをご活用頂けます。

  • アプリケーションに適したオペアンプの選択方法
  • オペアンプの主な用途とパラメータ
  • STのオペアンプ・アプリケーションを使ってオペアンプを選択
  • STのオペアンプの命名規則
  • 用語

 

STのオペアンプ製品シリーズ

operational amplifier portfolio

New 20MHz, low-offset op amp in high-performance 5V family

The TSV772 is a dual operational amplifier (op amp) combining high accuracy, low power consumption, and the option of a very small 2.0mm x 2.0mm DFN8 package.

Enlarging ST’s high-performance 5V op-amp family, the device features also rail-to-rail inputs / outputs, 20MHz gain-bandwidth (GBW), and is unity-gain stable. With a slew rate of 13V/µs, 7nV/√Hz input noise density, and 4kV ESD capability (HBM), the TSV772 is a strong all-round performer.

Automotive grade version is also available.

High bandwidth and low offset 5 V op amps for Industrial and Automotive

ST enlarges its 5V Op-Amp portfolio with the new  TSV7722,  TSV7722IY and  TSV7723  dual high-performance operational amplifiers. Boasting a gain bandwidth product of 22MHz, an input offset voltage of 50µV, and a wide supply voltage range, the TSV7722, TSV7722IY and TSV7723 (feat. shutdown option) are the perfect choice for low-side current sensing in industrial and automotive contexts.

Questions / Answers around Op-Amps

What is op-amp offset voltage?

When a zero differential input voltage is applied, the op-amp output voltage should be zero. In practice, this is not the case. The offset voltage by definition is the differential input voltage that is required to make the output voltage zero.

What is op-amp input offset voltage?

The input offset voltage parameter, generally called VIO, is defined as a DC voltage between the non-inverting and the inverting input. It is always specified in the electrical characteristics of a datasheet. It can be positive or negative.

input offset voltage
Low input offset voltage VIO is key for high precision

The VIO value will be different for each op-amp. And to ensure good precision, it is important to choose the op-amp with the lowest VIO, because the VIO will be amplified by the gain and added to the total output voltage as an error.

Some op-amps with a chopper architecture like ST's TSZ121 exhibit a VIO of 5 µV. They are especially good for precision DC measurements.

What is input bias current of an operational amplifier?

Input bias current (IB) is the current flowing through an op-amp's inputs. Due to op-amp biasing requirements and normal operation leakage, a very small amount of current (pA or nA range, depending on the technology) is flowing through its inputs. This can cause issues when large value resistors or sources with higher output impedances are connected at the op-amp inputs. This leads to relevant voltage drops at the op-amp input and therefore errors.

What do rail-to-rail input and output mean for an op-amp?

An op-amp with a high rail input is able to deal with input signals up to +VCC. While a low rail input is able to deal with signals down to -VCC. Rail-to-rail input op-amps can handle input signals from -VCC to +VCC. Rail-to-rail output is the capability of an op-amp to drive its output very close to the power supply rails.

eDesignSuite

eDesignSuite is a comprehensive set of easy-to-use design-aid utilities ready to help you streamline the system development process with a wide range of ST products.

Signal Conditioning Design Tool

Choose design tool:

Active Filters

Handles multi-stage-designs and common topologies
Returns circuit component values
Provides gain, phase and group delay graphs
Low Pass, High Pass and Band Pass

Comparators

Handles most common configurations
Returns circuit components values
Provides I/O signal waveforms
Inverting, Non Inverting, Window

Current Sensing

Returns circuit component values
Provides current error graphs