概要
製品セレクタ
ツール & ソフトウェア
リソース
ソリューション
eDesignSuite
Get Started

STは、パワー・マネージメントICおよびシステム・ベース・チップ(SBC)を幅広く取り揃えています。これらは特に、車載インフォテイメント・システム、クラスタ、USBハブ、電子制御ユニット(ECU)、ゲートウェイに加え、自動車のボディおよびドア・ゾーン・モジュールなどへの適合を目的としています。

リニア・ボルテージ・レギュレータやスイッチング・ボルテージ・レギュレータとハイサイド・スイッチを同一パッケージに集積するなど、電源管理の複数の構成要素を組み合わせ、さらに短絡や過電圧などに対する充実した診断および保護機能、専用の制御バス(マルチチャネルICにはI²C、SBCにはSPI)、必要に応じてLINおよびCANトランシーバを備えています。

マルチチャネル・パワー・マネージメントICは、多くの機能が小さな実装面積に凝縮され、複雑なプロセッサとその周辺コンポーネントにより電源レールと電流消費に対する要求が高まっている昨今のアプリケーションの要件にフィットします。それらのアプリケーションでは多くの場合、電源レールのシーケンス制御、電圧モニタ、基本的な診断機能などの機能も欠かせません。複数のボルテージ・レギュレータを含むこの新しい製品ラインは、UBS電源管理デバイスに対して高まる要求にも容易に対応できます。

スマート・パワー・マネージメントICおよびシステム・ベースICは、車載用デバイス市場で大きな広がりを見せ、ECU、ボディ・モジュール、ゲートウェイなどのアプリケーションに適用されています。これらの製品は、多数の用途に対応できるという特性から、ボディ・モジュール内の負荷やマイクロコントローラへの給電と駆動に容易に適用でき、専用の通信プロトコルによって信頼性の高いインタフェースの構築も可能です。STは、極めて低い暗電流やフェイルセーフ機能など、幅広い機能や特性を備えた製品を提供しています。

いずれもSTのミックスド・シグナル・パワー・テクノロジーによって製造され、自動車のオンボード電子機器の品質と信頼性に対して、要求以上の特性を提供します。

推奨製品

推奨コンテンツ