概要
製品セレクタ
ツール & ソフトウェア
リソース
ソリューション
eDesignSuite
Get Started

STのダイオードの設計は、アプリケーションごとに目標とする様々な仕様要件に応じてVF/Qrrのトレードオフを行いながら、最適な製品と性能を提供します。STのダイオード・ラインアップの最小電力損失は、電源の整流、バイパス、昇圧、ブートストラップ、フリーホイール、高周波整流機能に完全に適合しています。このような一般的な機能について見てみると、共振型やマルチレベル型といったトポロジの進化に続いて、常にそれに適した設計が生まれています。

その背景にあるのが、STのダイオード製造事業の掲げる目標です。STのダイオード製造事業では、過去から現在、そして未来にかけて、重点を置いている自動車や工業、コンピュータ、コンスーマ機器、電気機器といったあらゆる分野のユーザに向けてサービスを提供することを目指しています。

STの最高クラスの超高速バイポーラ・ダイオードについては、研究開発の大きな進歩が続いています。その成果は、以下の図で共振コンバータ向けRQソフト・ダイオード・シリーズによって示されています。

推奨製品

New 600V ‘RQ’ diodes improve creepage distance and reduce EMI

Thanks to the high-voltage D²PAK package, our new diode series improves the creepage distance and facilitates compliance with the IEC 60664-1 worldwide standard. ST now offers 600 V ‘RQ’ diodes (Rapid & Quiet) – providing a minimum of 3.48 mm between the anode and cathode instead of only 1.38 mm for a standard D²PAK device. Developed for electric vehicle (EV) charging stations, industrial converters, high-power SMPS, snubber circuits and for free-wheeling, these diodes feature a unique trade-off between a soft reverse recovery to reduce electromagnetic interference (EMI) and a low forward voltage (V F) to gain efficiency in all modes of resonant-based topologies.
These 600 V, 15- to 30-amp diodes are also available in an automotive-grade ‘RQ’ series, suited for on-board battery chargers (OBC) and 2- or 3-wheeler battery chargers.

推奨コンテンツ

eDesignSuite

ダイオード(パワー・ショットキー & FERD)スマート・セレクタ