概要
製品セレクタ
ツール & ソフトウェア
リソース
ソリューション
eDesignSuite
Get Started

加速度センサは直線加速度の測定を行います。また傾斜や振動の測定など、特定の目的での使用も可能です。MEMS加速度センサは、自由落下、ウェイクアップ、シングル / ダブル・タップ認識、活動 / 不活動検知、6 / 4方向判定などを含むモーションおよび加速度検知機能を内蔵しています。

STの加速度センサ製品ポートフォリオ

加速度センサ

STが提供する最先端の3軸MEMS加速度センサには、最大±400gの測定範囲および1.71V~3.6Vの電源電圧範囲を特徴とするアナログ・センサおよびデジタル・センサがあります。

低消費電力アプリケーションに最適

優れた省電力機能を備えたSTの加速度センサは、超低消費電力アプリケーションに最適です。省電力機能には、低消費電力モード、自動ウェイクアップ機能、データ格納に使用できるFIFOバッファなどがあり、ホスト・プロセッサの負荷とシステムの消費電力を低減します。

STの加速度センサは、スマートフォンや情報端末など、低消費電力と小型化が要求される様々な携帯型機器に適しています。STがリリースした次世代の加速度センサは大幅に小型化され、わずか2mm x 2mm x 1mmサイズ、14ピンおよび12ピンのパッケージで提供されます。

車載および産業アプリケーション向け製品

車載用加速度センサ

STの製品ポートフォリオには、次のような加速度センサも含まれます。

これらは、リリースから10年間にわたり製造が継続されるSTの長期供給保証プログラムの対象製品です。


推奨製品

LIS2DTW12: Temperature sensor combined with a 3-axis MEMS accelerometer

The LIS2DTW12 is the first hybrid combo sensor of the T-Plus family. It is an accelerometer coupled with a precise temperature sensor to offer additional levels of integration.

Together: integrated solution for higher accuracy, lower power consumption

 

サポート & フィードバック