STの温度センサのポートフォリオは、アナログ、デジタル両方の温度センサを取り揃えています。両タイプとも高精度低消費電力であるため、産業用機器、コンスーマ機器、携帯機器、医療用機器、家電製品、コンピュータなどの幅広いアプリケーションに適しています。

アナログ温度センサは、低消費電力、高い線形性、±0.5℃という高い精度などの特徴を備えています。精度は-55℃ ~ +130℃および最大200℃(不連続)という幅広い動作温度範囲全域で一定してこの値を示します。

デジタル温度センサは、低消費電力を特徴としています。最大12bit、最高0.0625℃の分解能で温度をデジタル変換し、-55℃ ~ +125℃の幅広い動作温度範囲で高精度です。

その他の機能には、アドレス選択可能な(最大8)I2C/SMBus出力、省電力のためのワンショット温度読み出し機能、自動温度調節/比較機能用のインタラプトピン、プログラム可能なヒステリシス付き閾値設定などがあります。STの温度センサは工場出荷時に較正済みであり、温度測定のための外付け部品は一切不要です。

デルタシグマADコンバータ(ADC)を内蔵したSTTSシリーズは、サーバ、デスクトップPC、ノートPCなどのモバイルPCプラットフォームならびに各種産業アプリケーションに使用されているDRAM DIMMモジュール向けに特化した設計が施されています。

TO-92などの挿入型から市場で最小の6ピンUDFNパッケージ(2 x 2 x 0.5mm)まで、あらゆる環境および機器で使用できる幅広いパッケージ・オプションが用意されています。

×
ツール & ソフトウェア リソース サポート & コミュニティ
推奨製品

×