CATEGORIES

マイクロコントローラ & マイクロプロセッサ メニューを最小化

概要
製品セレクタ
ツール & ソフトウェア
リソース
ソリューション
eDesignSuite
Get Started

STM32F401マイクロコントローラは、STM32F4アクセス・ライン製品群のひとつです。これらのデバイスは、RUNモード時の動的消費電力と処理性能のバランスを最適化するとともに、多数の付加価値機能を小型パッケージ(最小3 x 3mm)に集積しています。

このマイクロコントローラは、84MHzで動作するArm® Cortex®-M4コア(FPU搭載、DSP命令対応)の処理性能と、RUNモードおよびSTOPモード時の低消費電力性能を実現します。

  • 処理性能: 84MHz動作、ST独自のART Acceleratorによる、0ウェイト・ステートでのFlashメモリからのコード実行時に、STM32F401は105DMIPS/285CoreMarkのパフォーマンスを実現します。また、DSP命令とFPU(浮動小数点演算ユニット)により、対応可能なアプリケーション範囲を拡大しました。
  • 電力効率: ST独自の90nmプロセス、ART Accelerator、およびダイナミック・パワー・スケーリングにより、RUNモードの消費電流を128µA/MHzまで低減しています(Flashメモリからのコード実行時)。STOPモード時の消費電流は9µAまで低減可能です。
  • 集積度: STM32F401ポートフォリオでは、128~512KBのFlashメモリと96KBのSRAMを搭載しています。49ピンから100ピンのパッケージまで対応しています。
    • 3 x USART(最大10.5Mbit/s)
    • 4 x SPI(最大42Mbit/s)
    • 3 x I²C
    • 1 x SDIO
    • 1 x USB 2.0 OTGフル・スピード
    • 2 x 全二重I²S (最大32bit/192KHz)
    • 12bit ADC(最大2.4MSPS)
    • 最大84MHzで動作する10個の16bit/32bitタイマ

推奨製品

STM32F4 Access lines: Entry level and still an F4!

The STM32F4 Access lines are made of STM32F401, STM32F410,STM32F411, STM32F412 and STM32F413/423 devices. They are the entry-level STM32F4 microcontrollers for cost-conscious applications requiring performance, energy efficiency, integration and connectivity.

Access lines, but still with performance and power efficiency:

  • Performance up to 100 MHz/ 125 DMIPS with dynamic efficiency down to 89 µA/MHz in Run mode
  • ST's Adaptive Real Time (ART) accelerator allowing zero-wait execution from embedded Flash memory
  • Batch Acquisition Mode (BAM) for Always-on data collection, even when the core is stopped, and dynamic power scaling
  • Low-power digital microphone interface for acquisition of up to 6 microphones

Access lines, but still with high integration and compactness:

  • Wide memory choice from 128 Kbytes of Flash memory / 32 Kbytes of RAM up to 1.5 Mbyte of Flash memory / 320 Kbytes of RAM
  • Smallest Cortex-M4 based device available in the entire STM32 portfolio, down to 2.553 x 2.579 mm

Access lines, but still with rich connectivity:

  • Up to 10 UARTs, USB OTG FS, 3xCANs, and up to 5 SPI/I2S interfaces
  • LCD parallel interface, 8080/6800 modes
  • Quad-SPI and FMC parallel interfaces supporting a large choice of external memory types

Note : To ease your upgrade from STM32F1 designs to STM32F4 access lines, refer to our application note AN4904.

Access lines, but still with a comprehensive development environment including:

  • STM32F412 Discovery kit (32F412GDISCOVERY) combines STM32F412 features with color touchscreen, joystick, stereo MEMS microphones, external memory capabilities, full-speed OTG USB interface and more.
  • STM32 Nucleo-144 development board (NUCLEO-F412ZG) with an STM32F412 MCU as well as Arduino, ST Zio and morpho connectivity provides an affordable and flexible way to try out new concepts and build prototypes.

推奨コンテンツ

サポート & フィードバック

Let us help you!