CATEGORIES

STM32WBシリーズ

概要
製品セレクタ
ソリューション
ドキュメント
CADリソース
ツール & ソフトウェア
eDesignSuite

 

Bluetooth® Low Energy(LE)、ZigBee®、Thread®、およびMatter®通信に対応したデュアルコア搭載マルチプロトコル・ワイヤレス・マイクロコントローラSTM32WBシリーズ

Arm® Cortex®-M4(最大動作周波数64MHz、アプリケーション・プロセッサ)およびArm® Cortex®-M0+コア(最大動作周波数32MHz、ネットワーク・プロセッサ)をベースとするデュアルコア搭載ワイヤレス・マイコンSTM32WBシリーズは、Bluetooth LE 5.3およびZigbeeThreadMatterなどのIEEE 802.15.4無線通信規格をサポートします。

ワイヤレス・コネクティビティ

 

Bluetooth® Low Energy

Bluetooth LE無線通信トランシーバは、認証済みのBluetooth® LE 5.3無線スタック、Bluetooth SIGのプロファイル、およびメッシュ・プロファイル(Bluetooth SIG バージョン1.0準拠)を備えています。

独自のプロトコルに対応したBluetooth LE LLD、またはZephyr、Arm CordioスタックのいずれかをサポートするBluetooth LEソリューションに対応したホスト・コントローラ・インタフェース(HCI)により、さまざまな実装のニーズに対処できます。

IEEE 802.15.4規格:ZigBeeおよびThread

STM32WBシリーズでは、汎用のIEEE 802.15.4 MAC層により、ユーザ独自のプロトコル、Zigbee PRO 2017プロトコル・スタック全体、および低電力OpenThreadメッシュ・ネットワーク・プロトコルを実行できます。そのため、さまざまな通信方式でIoT機器を設計することが可能になります。また、さまざまな認証済み設定を利用できるため、デバイスのサイズやOTA(Over-The-Air)機能で高い設計自由度を持つことができ、プラットフォームの最適化が可能です。

STM32WBシリーズは、最適なメモリ・サイズ展開でZigbeeネットワーク構成をサポートします。Zigbee RFDおよびFFDは、エンドデバイス、コーディネータおよびルータの役割を担います。

また、Threadテクノロジーも、スリーピー・エンドデバイス、ルータ、リーダーの役割を含むMTD、FTDおよびBorder Routerのすべてをサポートしているため、ゲートウェイ装置も実現可能です。

複数のプロトコルが同時に動作

STM32WBシリーズは、同時モードに対応しているため、802.15.4ワイヤレス・プロトコルであるZigBeeやOpenThreadをBluetooth LE 5.3と同時に実行することができます。
これにより、導入時および設定時のデバイス・マネージメントの利便性が大きく改善され、ユーザ体験全体が大幅に向上します。

Matter

STM32WBシリーズでサポートされるMatterは、アプリケーション・レイヤで、スマート・ホーム機器の相互運用性を実現することを目的としています。

オープンソース規格であるMatterは、異なるIP通信方式にまたがる通信機器間の混合利用を実現します。これはMatter GitHubで公開され入手可能です。

Matterネットワークでは、Bluetooth LEはデバイスのコミッショニングに使用され、同時動作モードにてThreadプロトコルを介して実行されます。

主な機能:

 

概要

2つの完全に独立したコアをベースとするSTM32WBシリーズの革新的なアーキテクチャは、リアルタイム処理(無線関連ソフトウェア実行)のために最適化されています。また、リソースの柔軟な活用と効率的なパワー・マネージメントを実現します。

超低消費電力のSTM32L4シリーズをベースとするSTM32WBシリーズは、STM32L4シリーズと同様に、複雑な機能と長いバッテリ寿命の両立を必要とするアプリケーションに適したデジタル / アナログ・ペリフェラルを提供します。

  • STM32WBx5ラインは、優れた性能と、さまざまな機能に対応する柔軟性を特徴とし、幅広いパッケージ・オプションとメモリ容量で提供されます。
  • バリュー・ラインであるSTM32WBx0は、基本的な機能とコストのバランスに重点を置いているため、コスト効率に優れ、機能が最適化されたソリューションを提供します。
  •  STM32WBxMモジュールは、STM32WBx5ラインと同じ機能セットを備えています。小型のLGA86パッケージ(7mm x 11.3 mm)にリファレンス設計全体を組み込んだモジュールで、幅広い認証をサポートします。

ペリフェラル機能

  • STM32WBx5ラインは、水晶発振子不要のUSB 2.0 FSインタフェース、オーディオ・サポート、LCDドライバ、タッチ・センシング・コントローラ、最大72本のGPIO、消費電力を最適化する内蔵スイッチング電源(SMPS)、バッテリ寿命を最大化する複数の低消費電力モードなど、さまざまな機能を搭載しています。
  •  STM32WBx0バリュー・ラインは動作温度範囲を限定し、最適化されたペリフェラル・セットを搭載しており、エントリ・レベルのソリューションを実現します。
  •  STM32WBxMモジュールは、STM32WBx5マイクロコントローラと同じ機能セットを備えています。主要な地域別市場向けにすべてのプロトコルとEMC認証に完全準拠しています。モジュールのピン配置構成を変更できるため、エントリ・レベルの製品向けに基本機能セットを使用して製造コストを抑えることができます。一方で、ハイエンド製品向けにはすべてのピン配置の使用を選択できるため、より柔軟な設計が可能となります。

2.4GHz無線対応STM32ワイヤレス・マイコンの製品ポートフォリオは、製品構想から試作段階、最終的なプラットフォーム構成設計まで、包括的なソリューションを提供します。

セキュリティ機能

STM32WBシリーズには、ワイヤレス機能と超低消費電力機能のほか、さまざまなセキュリティ機能が内蔵されています。これにより、メンテナンスの必要性を軽減すると同時に端末の信頼性を高め、クローニングを防止します。 

256bit AESハードウェア暗号化エンジン、コードIP保護機能(PCROP)、読み出し / 書き込み保護、JTAGヒューズ、楕円曲線暗号エンジンによる公開鍵暗号アクセラレータ(PKA)などのセキュリティ・ハードウェア機能を内蔵しています。また、ファームウェア更新サービス(FUS)、知的財産コードの読出し保護機能(PCROP)、公開鍵アクセラレータ(PKA)などの機能により、セキュアな無線スタック更新や暗号鍵管理、コード保護が可能です。

カスタマー・キー・ストレージ(CKS)によりアプリケーション・コードやIPを確実に保護できます。

開発環境

STM32WB55 NucleoパッケージSTM32WB Nucleo開発ボードSTM32WB Discoveryボード、およびSTM32Cube開発環境が提供する包括的なハードウェア / ソフトウェア開発ツールにより、迅速かつ簡単にアプリケーション開発を始めることができます。

STM32WB55 Nucleoパッケージには、Bluetooth LE対応STM32WB55 NucleoボードおよびUSBドングルが含まれています。STM32WBシリーズをベースとするこれらのデバイスにより、幅広いワイヤレス・アプリケーションの開発を迅速に始めることができます。

STM32WB5MM-DK Discoveryボードでは、タッチ・センシング、外部Flash、オーディオ・チェーンといった、IoTアプリケーション向けの適切なペリフェラルとSTM32WBモジュールが集積されているため、エンド・デバイスのアプリケーション全体を簡単に開発できます。

また、実績のあるSTM32Cube開発環境と完全に統合しているSTM32WB評価ボードと、包括的な組込みソフトウェア・リソースおよび開発ツールがセットで提供されています。

組込みソフトウェア・リソースのワンストップ・ソリューションであるSTM32CubeWBマイコン・パッケージには、ハードウェア抽象化レイヤ(HAL)や低レイヤ(LL)などのペリフェラル・ドライバ、包括的なミドルウェア・セット、無線スタック(Bluetooth 5.3、OpenThread、ZigBee)、およびKeil MDK-ARMやIAR Systems社などの各種統合開発環境向けに設定済みのサンプル・ソフトウェアが含まれます。

STM32WBシリーズは、マイコンの初期化コード自動生成ツールであるSTM32CubeMX、およびプロトコルにかかわらず無線性能のテスト、モニタリング、検証を行うソフトウェア・ツールであるSTM32CubeMonRFに対応しています。

さらに、STM32WB Nucleoボードにはオンボード・デバッガが搭載されており、既存のサンプルをベースにアプリケーションの開発と設計をサポートしています。さらに、ST-LINK USBコネクタや、長寿命バッテリといった多数の内部電源オプションも用意されています。また、外部電源を使用した給電も可能です。

ST launched a dedicated STM32 Wireless Youtube Channel
Discover #STM32WB latest news on ST blog

STM32WB35 and STM32WB30 Value line features optimized

Extending our portfolio of wireless microcontrollers, the feature-optimized STM32WB35 and STM32WB30 Value line enable the design of cost-efficient connected devices running Bluetooth™ LE 5.2 Low Energy, OpenThread, or ZigBee 3.0 certified stacks or proprietary. With their energy-saving technologies and embedded security for safe OTA updates, the STM32WB35 and STM32WB30 Value line are ideal for industrial and consumer IoT applications.

The STM32WB35 and STM32WB30 MCUs, housed in a QFN48 package, are now available. Assigned STM32CubeWB software is also available.

Get trained watching our dedicated Online Training.

Discover the latest news about STM32WB35 & STM32WB30 on the ST blog.

If you would like to have a rapid access to professional information on STM32WB Bluetooth Low Energy, visit our dedicated Wiki!