CATEGORIES

パワー・トランジスタ メニューを最小化

概要
製品セレクタ
ツール & ソフトウェア
リソース
ソリューション
eDesignSuite
Get Started

1200V IGBT Mシリーズは、トレンチ・フィールドストップ(TFS)テクノロジーに基づき、2kHz~20kHzのスイッチング周波数で動作するアプリケーション向けに設計されています。導通損失とターンオフ損失、およびターンオン損失が高度に最適化されており、ソーラー・インバータ、溶接機器、UPS、および産業用モータといったアプリケーションのハードスイッチング回路における使用に適しています。IGBT製品はSTPOWER™ファミリに属しています。

10µsの最小短絡保証時間(起動時Tᴊ 150˚Cの場合)、175˚Cの最高動作温度(Tᴊ)、および広い安全動作領域(SOA)により、厳しい環境における堅牢な性能を実現します。

コスト重視のアプリケーション向けにダイオードを不要としたモデルも提供されています。定格電流は8A、15A、25A、および40Aであり、標準またはロングリードのTO-247パッケージで提供されます。

主な特徴

  • 最大20kHzのアプリケーション向けの低損失IGBTシリーズ
  • 1200Vのブレークダウン電圧、10µsの最小短絡定格時間(起動時TJ 150˚Cの場合)、および175˚Cの拡張最高動作温度(TJ)による、高い堅牢性と信頼性
  • 高い熱抵抗に対応する薄型IGBTダイ
  • 正のVCE(sat)温度係数および狭いパラメータ分布による設計の簡素化および容易な並列化
  • 高速リカバリ向けに最適化されたダイオード(高度のソフト・リカバリ、低EMI、およびターンオン損失)

最大20kHzのハードスイッチング・トポロジに最適なSTの1200V IGBT Mシリーズは、STの1200V IGBT SシリーズおよびHシリーズ(それぞれ最大8kHzおよび20kHz超で最適な効率が得られるように設計)を補完する製品です。

STの幅広いSTPOWER™製品ポートフォリオは、最先端のパッケージと保護により高い信頼性と安全性を実現しています。これにより、長寿命かつ高効率のカスタマイズされたアプリケーションに適したソリューションの設計をサポートします。


推奨コンテンツ

サポート & フィードバック