概要
製品セレクタ
ツール & ソフトウェア
リソース
ソリューション
eDesignSuite
Get Started

決済 / 電子ID / 交通機関向けの幅広いソリューション

STのセキュア・マイクロコントローラは、決済(SDAおよびDDA)、電子ID、交通機関、有料TV向けソリューションなど、幅広いアプリケーションに向けて設計されています。従来のスマート・カードから革新的なウェアラブル・デバイスや生体認証ソリューションまで、STは、接触型(ISO 7816)デュアル・インタフェースおよび非接触型(ISO/IEC 14443タイプAおよびB、およびISO/IEC 18092)セキュア・マイクロコントローラの包括的なポートフォリオを提供します。40億枚以上のマイクロコントローラ内蔵の銀行向けスマート・カードを販売し、STは銀行業界では、世界的に実績のある企業となりました。 

特に幅広いアプリケーションをサポートするように設計された、Arm® SecurCore® SC000プロセッサをベースとするST31セキュア・マイクロコントローラ・ファミリは、組込みセキュリティ・アプリケーションに対し、クラス最高の非接触パフォーマンスを達成するように最適化されています。ST31セキュア・マイクロコントローラは、その高度なセキュリティ機能により、Common Criteria、EMVCo、中国銀聯(CUP)などの認証で定義されている最高レベルのセキュリティ規格に準拠することができます。このハードウェア・プラットフォームは、MIFARE®ライブラリとともに提供することもできます。 

アプリケーションごとに専用のハードウェアおよびソフトウェア・ソリューションを提供する、STの決済、電子ID、および交通機関向け製品ファミリで、お客様のアプリケーションに最適な製品が見つかります。

  • STのSTPay System-on-chip (SoC) ソリューションは、Static Java、Dynamic Java OSベースのソリューションなど、すぐに使える銀行業界向けソリューションを幅広く提供し、Visa、Mastercard、CUP、Amex、Discover、JCB、CPAその他多くの国内外の決済方法に対応しています。特定バージョンのSTPay SoCは、CalypsoやMIFARE®をベースとした最も一般的な交通機関向けアプレットに対応しています。 このソリューションは、さまざまなフォーム・ファクタでも使用できるため、従来のカードや任意のタイプのRFコネクテッド・ウェアラブル機器に組み込むことができます。
  • 大規模な行政機関レベルのプログラム向けST31 IDセキュア・ソリューションは、20年以上にわたり、 50を超える国家機関によって採用されてきました。現在までに6億を超える行政機関およびID用セキュアICが提供されています。このセキュア・マイクロコントローラ・ファミリは、ICAO規格で要求されるBAC、EAC、SAC、およびAAのセキュリティ機能をサポートする、強化された暗号コプロセッサを搭載しているため、非常に高速な電子パスポートの識別、処理、および検証が可能です。 
  • CD21は、Calypso規格に準拠した交通機関専用のソリューションです。CD21は、デュアル・インタフェースまたは非接触スマート・カードICで利用でき、さまざまなフォーム・ファクタで提供可能です。 

決済、電子ID、交通機関向け製品の詳細については、以下のメニューをクリックしてください。 


STPay-Topaz, Next-Gen Payment System-on-Chip with Increased Performance and Protection

The new STPay-Topaz family solution comes ready for embedding in smartcards, loaded with payment applications running on certified JavaCard platform, and meeting all required security and payment-scheme certifications. As the first such device manufactured in 40nm Flash technology, it is based on the ST31P450 secure microcontroller with cyber-protection, which includes the latest Arm® SecurCore® SC000™ 32-bit RISC core and cryptographic accelerators to block advanced forms of attack.

Support for a wide range of international and domestic payment schemes simplifies product management for card developers, enabling deployment in numerous markets worldwide. MIFARE Classic®, MIFARE Plus® and MIFARE® DESFire® libraries and Calypso®* are also proposed as an option, when transportation applets are required along with a banking applet.

For further information, read our blog post HERE

MIFARE, MIFARE Classic, MIFARE Plus and MIFARE DESFire are registered trademarks of NXP B.V. and are used under license.

Calypso is an open and multi-application transport/mobility ticketing standard developed and promoted by the Calypso Networks Association.

推奨コンテンツ

サポート &フィードバック