概要
製品セレクタ
ソリューション
リソース
ツール & ソフトウェア
eDesignSuite
はじめる

STのHシリーズ・トライアックは、シンプルな低電流ゲート・ドライブを備えた3象限ACスイッチです。スイッチング速度が速く火花が発生しないという半導体の特徴により、従来のリレー・デバイスに比べて大きな利点があります。また、ゲートのシンプルな位相制御により、照明の調光や汎用モータの変速を簡単に行うことができます。

150˚C(TJ)の最高動作温度により、高温環境での動作や高い集積度が求められる基板設計に適しています。STのHシリーズ・トライアックは、標準またはロジック・レベルのゲート・トリガ電流による最大50Aのオン時実効電流を特徴とし、それぞれ600Vおよび800V 耐圧の2種類がD²PAK、I²PAK、またはTO-220(Insulated)パッケージで提供されています。

600V Hシリーズ・トライアックは、電源定格電流の最大4倍の過渡電流を制御することができ、ソリッドステート・リレーやACモータ負荷に不可欠なデバイスです。

STの新しいクリップ技術をベースにした800V Hシリーズ・トライアックは、産業用、ビル用、および生活家電機器に最適化されており、150℃の高温環境下でも性能を損なうことなく動作することが可能です。また、冷却装置を1/2のサイズまで小型化できるため、きわめて高温かつ狭い環境下での使用に最適です。

STの600V / 800 V Hシリーズ・トライアックは以下の特徴により、システムの信頼性と耐久性の向上に貢献します。

  • 150℃の高温環境下における低リーク性能により、スタンバイ損失を最小限に抑制
  • 産業用アプリケーションに対応可能なdV/dt耐性(2000V/µs@150℃)
  • 6kVを超えるIEC 61000-4-5レベルにより、高EMI環境下での転流耐性において高い安全マージンを確保
  • 電圧降下を抑えた設計により、伝導損失を抑制
  • 低スイッチング損失と高温動作の両立により、冷却装置のを大幅な小型化が可能

 

 

 

 

新製品のT1635H-8、T2035H-8、およびT3035H-8では、冷却装置を1/2のサイズに小型化することができます。

 

 

 

 

推奨コンテンツ