概要
製品セレクタ
ツール & ソフトウェア
リソース
ソリューション
eDesignSuite
Get Started

STの集積化チューナブル・キャパシタは、優れたRF性能、低消費電力に加えて、適応型RFチューニング・アプリケーションに求められる高い線形性を実現しています。受動チューナブル集積回路(PTIC)の基本的な構成要素としてParascan™と呼ばれるチューナブル材料が使用されています。この材料は、Paratek Microwave社によって開発されたチタン酸バリウム・ストロンチウム(BST)の一種です。

STのParascan™チューナブル集積化キャパシタ(STPTIC)は、容量1.5 ~ 8.2pF(代表値)を提供し、優れたRF性能、低消費電力に加えて、適応型RFチューニング・アプリケーションに求められる高い線形性を実現しています。STPTIC Gシリーズはインピーダンス整合(標準的な線形性)用途向けに最適化されています。一方、Lシリーズは、周波数チューニング(高い線形性)用途向けに最適化されています。

これらのチューナブル・キャパシタは、1 ~ 24Vの幅広いバイアス電圧によって制御されます。容量チューニング比は、このバイアス電圧範囲の全域で5:1が確保されています。

New RF tunable capacitors boost LTE smartphone performance

ST’s new range of BST (barium strontium titanate) tunable capacitors in a WLCSP package uses solder bars instead of bumps. In addition to increasing the chip’s mechanical strength when soldered on thin printed circuit boards, the 3-solder bar package is smaller than a 4-bump device, making this new C4 series of Parascan™ tunable integrated capacitors (STPTIC) even more suited for high-volume manufacturing.

There are currently three RF tunable capacitors with solder bars: STPTIC-15C4 and STPTIC-27C4 are high-linearity devices used in frequency-tuning applications and the STPTIC-82C4 with standard linearity is best suited for impedance matching. A common land pattern can be used in order to support passive tunable integrated circuit (PTIC) values ranging from 1.5 to 8.2 pF.

推奨コンテンツ