CATEGORIES

STM32 超低消費電力マイクロコントローラ

概要
製品セレクタ
ソリューション
ドキュメント
CADリソース
ツール & ソフトウェア
eDesignSuite
All resource types 詳細を非表示

STの超低消費電力マイクロコントローラ(マイコン)・プラットフォームは、ST独自の超低リーク電流技術と電力効率に最適化されたプラットフォーム設計に基づいて構築されています。

STM32超低消費電力マイコン・シリーズでは、電力効率が高く、性能、消費電力、セキュリティ、およびコスト効率のバランスに優れた組込みシステムや組込みアプリケーションを設計することができます。STM32超低消費電力マイコン・シリーズの製品ポートフォリオでは、STM32L4シリーズ(Arm® Cortex®-M4)、STM32L0シリーズ(Arm® Cortex®-M0+)、STM32L1シリーズ(Arm® Cortex®-M3)、セキュリティ機能が強化されたSTM32U5シリーズ、STM32L5シリーズ(Arm® Cortex®-M33)などが提供されています。

STM32Lシリーズは、25℃~125℃の動作範囲において消費電流の変化がきわめて小さく、高温動作でもきわめて少ない消費電流を特徴とします。STM32L1シリーズは、SRAMでデータを保持する最小電力モードにおいて170nAという業界最小クラスの消費電流を特徴としています。また、わずか3.5µsの短いウェイクアップ時間でSTOPモードから復帰可能です。

新製品のSTM32U5シリーズでは、非常に効率的なArm® Cortex®-M33プロセッサに、消費電力を大幅に削減しつつ性能を向上させる革新的な40nmプラットフォームを組み合わせています。また、ハードウェア・ベースの保護機能を備えた高度なサイバー・セキュリティや、豊かなグラフィカル・ユーザ・インタフェースを実現するグラフィック・アクセラレータをはじめ、最先端のアプリケーションに必要な機能も搭載しています。

STM32L5シリーズの高度セキュリティ機能は、Arm® Cortex®-M33とArmv8-M用TrustZone®を活用しています。新しいコアおよび新しいST ART Accelerator™(外部メモリもサポート)により、STM32L5は443 CoreMarkを実現しています。

STM32L4シリーズは、STの超低消費電力プラットフォームの優れた特性に加え、DSP命令セットおよび浮動小数点ユニット(FPU)による100DMIPSの処理性能、大容量メモリ(最大1MBのFlashメモリ)、革新的なペリフェラルなどを備え、処理性能および機能が強化されています。

STM32L4+シリーズは、より高い性能(内蔵Flashメモリからの実行で120MHz/409CoreMark)、より大容量の内蔵メモリ(最大2MBのFlashメモリおよび640KBのSRAM)、より高度なレンダリングによるグラフィック機能を、超低消費電力の特性を損なうことなく提供します。

STM32L0シリーズは、エントリ・レベルのアプリケーション向けに低消費電力のソリューションを提供します。最小14ピンの小型パッケージで提供され、8KB~192KBの幅広いFlashメモリ容量が選択可能です。競争力のある製品ポートフォリオに加え、超低消費電力を特長とした製品です。

マイクロコントローラ向け32bit Arm® Cortex®-Mプロセッサのメリットについての詳細は、こちらをご覧ください。

Understanding the STM32U585 security configurations to fully benefit from SESIP and PSA certifications

></p> <p style=

STM32U585 is an open, general-purpose microcontroller offering specific security features that meet PSA Level-3 & SESIP 3 standards. To learn how to use the SESIP / PSA-certified configuration of the STM32U585 and to understand the security functions covered by these certificates, read our dedicated resources that will guide you during your development.

More from STM32 超低消費電力マイクロコントローラ portfolio