CATEGORIES

パワー・マネージメント メニューを最小化

概要
製品セレクタ
ツール & ソフトウェア
リソース
ソリューション
eDesignSuite
Get Started

リニア・レギュレータは、簡単な設計とわずかな外付け部品によって安定して制御された出力電圧を供給する、コスト効率に優れた製品です。出力電流が数アンペア未満かつ、出力電圧が入力電圧に近いアプリケーションでは、低ドロップアウト(LDO)リニア・レギュレータを使用することで、コストパフォーマンスを最適化します。

LDOは、デバイスの発熱による電力損失を最小限に抑え、変換効率を高めるために、極めて低い入力-出力電圧差(ドロップアウト電圧)で動作するように設計されたリニア・ボルテージ・レギュレータです。

DC-DCスイッチング・コンバータと比較すると、LDOレギュレータはリップルが発生しないため、極めてノイズの少ない電源電圧が得られます。また、必最小限の外部受動部品数により、設計工数を削減することができます。

STの低ドロップアウト(LDO)レギュレータには、低ドロップアウト電圧、低静止電流、高速過渡応答、低ノイズ、および良好なリップル除去比といった特徴があります。

特に、超低ドロップアウト・レギュレータは、コンスーマおよび産業アプリケーション、携帯型医療機器のバッテリ駆動アプリケーションに適した以下の特徴を持ちます。

  • バッテリ駆動時間を延ばす超低静止電流(最小0.3µA)
  • 最小フットプリントを実現する超小型パッケージ・オプション(0.65mm x 0.65mmフリップチップ、0.47mm x 0.47mm STSTAMP™など)

高いPSRR(電源電圧変動除去比)低ノイズにより、信頼性の高い信号を信号パス全体の幅広い入力電圧、および出力電流にわたり実現します。


推奨製品

Find the best design solution thanks to high-performances Quad-LDO evaluation board

The STEVAL-LDO001V1 allows smart evaluation of four ST's high-performance low-dropout linear voltage regulators specially designed for extend battery life in portable smart devices. Thanks to state-of-the-art technologies, designs and innovative packaging, designers can select the best solution in terms of ultra-low quiescent current, ultra-low noise and high PSRR, automatic green mode and miniature packages such as Flip-Chip or ST STAMP™.

Ultra-tiny low-dropout regulator in breakthrough bumpless chip-scale package

The LDBL20 is a powerful 200 mA LDO in a tiny 0.47 x 0.47 mm innovative ST STAMP™ chip-scale package. The input voltage can range from 1.5 to 5.5 V, with 200 mV typical dropout. Rejection (PSRR) of 80 dB at 100 Hz and 50 dB at 100 kHz simplifies filtering over a wide frequency range to provide a stable rail for low-power circuitry in battery-operated applications. Quiescent current of 20 µA no-load, 100 µA full-load, and 0.3 µA in standby help maximize efficiency under all operating conditions. 

推奨コンテンツ

プレミアム・コンテンツ