STM32MPU, 広範なデバイス, 産業用, クラウド, スマートHMI, スマート・ホーム, スマート・シティ, 電力効率, セキュア, セキュリティ, リアルタイム性能, Arm Cortex, MP2シリーズ, STM32, 低消費電力, パワー・マネージメント, 電源, 低コストMPU, PCBレイアウト, Linuxベースのシステム, OpenSTLinux, Yocto, Buildroot, 使いやすい, ベアメタル, Microsoft Azure, 保護ユーザ・データ, 物理的攻撃, AI, STM32MPU, wide range of devices, industrial, cloud, smart HMI, smart homes, smart city, power efficient, secure, security, real-time performance, Arm Cortex, MP2 series, STM32, low-power, power management, power supply, affordable MPU, PCB layout, Linux based system, OpenSTLinux, Yocto, Buildroot, easy-to-use, bare-metal, Microsoft Azure, protection user data, physical attacks, artificial intelligence. STM32MPU, 広範なデバイス, 産業用, クラウド, スマートHMI, スマート・ホーム, スマート・シティ, 電力効率, セキュア, セキュリティ, リアルタイム性能, Arm Cortex, MP2シリーズ, STM32, 低消費電力, パワー・マネージメント, 電源, 低コストMPU, PCBレイアウト, Linuxベースのシステム, OpenSTLinux, Yocto, Buildroot, 使いやすい, ベアメタル, Microsoft Azure, 保護ユーザ・データ, 物理的攻撃, AI, STM32MPU, wide range of devices, industrial, cloud, smart HMI, smart homes, smart city, power efficient, secure, security, real-time performance, Arm Cortex, MP2 series, STM32, low-power, power management, power supply, affordable MPU, PCB layout, Linux based system, OpenSTLinux, Yocto, Buildroot, easy-to-use, bare-metal, Microsoft Azure, protection user data, physical attacks, artificial intelligence.

STM32MP2 MPUシリーズ

NPU搭載64bitマイクロプロセッサ

Industry 4.0およびエッジAIソリューション向けの次世代STM32マイクロプロセッサ

STM32MP2シリーズは、産業グレードの64bitソリューションで、ハイエンドなマルチメディア機能が必要とするセキュアなIndustry 4.0および高度なエッジ・コンピューティング・アプリケーション向けに最適です。

STM32MP25は、STM32MP2シリーズ初の製品ラインです。

堅牢な機能とMP1に比べて大幅にアップグレードされた性能により、6,000 DMIPSを達成し、スマートでコネクテッドなアプリケーションの成長をサポートします。STM32MP25マイクロプロセッサのサンプルは、今年末に入手可能となります。

4貫通基板に対応可能な0.8mmピッチ・パッケージ

    堅牢性

  • 10年間連続動作可能
  • 広い動作温度範囲:-40℃~125℃
  • 10年間の長期供給保証プログラム

    コネクティビティ

  • Time-sensitive networking(TSN)
  • 最大3つのGigabit Ethernetポート(2ポート・スイッチ付き)
  • PCIe Gen2、USB 3.0、3 x CAN-FD

    強力なセキュリティ

  • SESIP レベル3認証
  • TrustZone®対応(Arm® Cortex®-AおよびCortex®-M)
  • 堅牢な暗号化HWアクセラレータ

    NPUアクセラレータ

  • 1.35 TOPS(テラ・オペレーション/秒)

    マルチメディア

  • 1080pグラフィック機能(3D GPU、H.264ハードウェア・ビデオ・コーデック)
  • RGB、MIPI DSI、およびLVDSディスプレイ

    マシン・ビジョン

  • Lite-ISP装備のMIPI CSI-2カメラ・インタフェース
  • 高度なニューラル・プロセッシング機能
Industry 4.0
機械学習
スマート・ホーム
スマート・メータリング
決済端末
モノのインターネット(IoT)およびエッジ・コンピューティング

柔軟性の高い試作開発が可能

  • STM32MP25評価ボードとDiscovery開発キットは、2024年に出荷開始予定です。
  • 以下の特長により、既存のプラットフォームからの移行がさらに容易になります。
    • メインライン化したオープンソースLinuxディストリビューションとパートナー企業によりサポートされたAndroidパッケージにより、円滑なソフトウェア移植を実現します。 
    • 共通の開発フレームワーク:開発者は、STM32MP1マイクロプロセッサシリーズ(GCCベースのIDE、STM32CubeProgrammer、STM32CubeMXなど)向けと同じSTM32Cubeツールを使用できます。STM32CubeMXには、DRAMサブシステムの設定を簡素化するDRAMインタフェース・チューニング・ツールが含まれています。
  • STの幅広いサードパーティ・エコシステムが、開発者の設計を迅速化します。