オンデマンド・ウェビナー | 電流センス・アンプの基礎と回路設計への応用

STの最新技術を採用した双方向電流センス・アンプを使って、動作原理やアプリケーション例、システム設計に役立つ抵抗の選択方法、精度の算出方法を解説

現在、電流検出は生活家電をはじめ、産業機器や自動車、医療機器、通信機器などにおける電源の管理や、モータなどの負荷を駆動制御する用途で幅広く利用されています。

電流検出においては、アプリケーションを問わず「いかに高精度かつ省スペースで行うか」ということが共通の課題です。シャント抵抗を介して電流検出を行う電流センス・アンプを使用すれば、精度の向上と省スペース化を実現することができます。

本Webinarでは、電流センス・アンプの構造・機能・特徴などの基礎的な知識から、電流検出を実現するにあたって必要となるシャント抵抗の選択、精度の算出方法まで、STの最新技術を使用した双方向電流センス・アンプ「TSC201シリーズ」を例に解説します。

  • 電流センス・アンプの構成 / 機能 / 特徴
  • 電流センス・アンプの主要スペック
  • 電流センス・アンプの製品ラインアップ
  • 電流センス・アンプを使用するアプリケーション例
  • シャント抵抗の選定、精度の算出方法
  • 評価ツール
 

STは、お客様が関心を持たれると考える他の製品およびサービスをお客様にご提案するため、お客様の閲覧履歴を取得し、お客様が過去にアクセス、購入またはダウンロードした製品およびサービスの詳細を利用します。
STは、STの製品およびサービスに関するニュースレター、広告、およびその他の特定のターゲット・マーケティング資料を(直接、またはSTの現地関連会社あるいは販売代理店を通じて)お客様にお送りするため、お客様がSTに直接提供する、および / またはSTのウェブサイトでのお客様の行動を通じて提供する個人データを、個人情報保護方針に従って利用します。お客様の個人データは、ヨーロッパ連合域内および同連合域外の国にあるSTの現地関連会社および販売代理店に提供されることになります。STの現地関連会社および販売代理店の一覧は、当社のウェブサイトの個人情報保護方針で確認することができます。特定のターゲット・マーケティング資料をお客様にお送りするために、お客様がSTに対して直接および / またはSTウェブサイトでのお客様の行動を通じて提供する情報は、STが別な状況(例えばお客様がST、STの現地関連会社または販売代理店と取引関係を結ぶ場合など)でお客様から取得した他の情報と統合される場合もあります。