オンデマンド・ウェビナー | CAN FD Light: 将来の車載ネットワーク・アーキテクチャに向けたSTの新しいプロトコル

将来の車載ネットワーク・アーキテクチャ向けに設計されたSTの新しい通信バス・プロトコル「CAN FD Light」について解説したウェビナー(1時間程度)を是非ご覧ください。本コンテンツをご利用頂くには、以下のフォームを記入し、会員登録を行っていただく必要があります。
 
  

車載ネットワーク・アーキテクチャの進化を主導する推進力
STの専門家が将来的な車載アーキテクチャの傾向を探り、照明ソリューションのアプリケーション事例を用いて解説します。

...完全に統合されたコスト効率の高いソリューションであるCAN FD Lightにより、既存ソリューションのように高価な外部コンポーネントを必要とせず、使用可能なネットワーク帯域幅を最大限活用することができます。

STの新しい通信プロトコル「CAN FD Light」は、標準のCAN FDネットワークに実装されている一般的な整合性チェックなど、多くの車載用安全対策を提供しています。

設計ワークフローの簡略化

  • CAN FD Lightプロトコルは、既存のツールチェーンによって完全にサポートされています。
  • エンド・ユーザによる追加投資は必要ありません
     

本ウェビナーのプログラム:

  • 車載ネットワーク・アーキテクチャの進化における主要ステップ
  • ドメイン指向アーキテクチャへの影響に関する解説(照明ソリューションの例)
  • ネットワーク・アーキテクチャでのCAN FD Lightの使用による主な利点
  • CAN FDベースの通信ネットワークによるメリットと制約
  • デジタルOLEDテクノロジーを使用した、CAN FD Light通信のユース・ケースの詳細
  • ゾーン・ゲートウェイ・アーキテクチャを使用する車載用アプリケーションの概要

特典: ライブQ&Aセッションには、STの経験豊富なエンジニアであるFred Rennigからのフィードバックが含まれています。

講演者:

Fred Rennig

ミュンヘン工科大学(TUM)卒。AT&TおよびTexas Instrumentsで勤務した後、2004年に車載用ミックスド・シグナルICのプロジェクト・マネージャおよび設計リーダーとしてSTに入社。
現在は、車載用ネットワークおよびネットワーク・セキュリティのシステム・エンジニアで、STのテクニカル・スタッフの一員として活躍。

また、CANテクノロジー発展のための国際機関「CAN in Automation」(CiA)のメンバーとして、同機関のCAN FD Light Special Interest Groupのチェアマンも務めている。


 

 

STは、お客様が関心を持たれると考える他の製品およびサービスをお客様にご提案するため、お客様の閲覧履歴を取得し、お客様が過去にアクセス、購入またはダウンロードした製品およびサービスの詳細を利用します。
STは、STの製品およびサービスに関するニュースレター、広告、およびその他の特定のターゲット・マーケティング資料を(直接、またはSTの現地関連会社あるいは販売代理店を通じて)お客様にお送りするため、お客様がSTに直接提供する、および / またはSTのウェブサイトでのお客様の行動を通じて提供する個人データを、個人情報保護方針に従って利用します。お客様の個人データは、ヨーロッパ連合域内および同連合域外の国にあるSTの現地関連会社および販売代理店に提供されることになります。STの現地関連会社および販売代理店の一覧は、当社のウェブサイトの個人情報保護方針で確認することができます。特定のターゲット・マーケティング資料をお客様にお送りするために、お客様がSTに対して直接および / またはSTウェブサイトでのお客様の行動を通じて提供する情報は、STが別な状況(例えばお客様がST、STの現地関連会社または販売代理店と取引関係を結ぶ場合など)でお客様から取得した他の情報と統合される場合もあります。