ST Life.augmented
mmc

H.264 Connected-Client Processors

STのコネクテッド・クライアント・プロセッサは、放送コンテンツ(標準およびHD画質)やインターネット・コンテンツ、家庭用メディア・ネットワーク、そしてゲームを含む3Dコンテンツをサポートしています。

主な利点: 

  • 高効率かつ経済的なセットトップ・ボックス・プラットフォーム向けの統合復調
  • ほぼ全てのミドルウェアとの互換性
  • 最新のブロードキャストおよびブロードバンド・コンテンツに対する最先端の技術サポート
  • EUエネルギー指令やEnergyStar Tier 2など、現在および将来の全てのエネルギー効率目標を満たす、市場で最も電力効率に優れたプロセッサ
  • ホーム・エンターテインメントが提供すべき最新機能を顧客にもたらす、ハイエンド・モデルでの3Dグラフィックスおよび3D立体コンテンツのサポート
  • 高度に統合されたバリューパック版のMPEG-2ソリューション
  • 最高のコンテンツ・セキュリティ機能

STiH3 series multimedia application processors

ST’s latest server-box multimedia application-processor system-on-chips, the STiH3 server-box product family support decode and display resolution up to the leading-edge Ultra HD and the next-generation H.265 / HEVC  video compression. This combination sets to extend the viewing experience for end users with more realistic and in-the-action immersion.

The STiH310 (codenamed ‘Cannes’) supports HEVC decoding, and therefore permits IP service providers a means of offering HD content to a greater number of customers. The STiH312 (codenamed 'Cannes Ultra') offers Ultra HD (2160p) decoding.

In addition, the STiH301 (codenamed 'Liege2'), also supporting HEVC, raises the bar in entry and mid-range broadcast set-top boxes and Internet Protocol (IP) clients. It enables broadcasters and operators to leverage this new bandwidth-efficient encoding technology for HD broadcast by offering more channels in equivalent bandwidth or using less bandwidth to reach the end user without a significant increase in bill-of-materials costs.

Feedback Form
Customer Feedback