Executive Team

 

 

 

CARLO BOZOTTI (カルロ・ボゾッティ)

社長 兼 最高経営責任者(CEO)

2005年3月、STマイクロエレクトロニクスの最高経営責任者(CEO)に就任。 経営取締役会の唯一のメンバーを務める。

1977年、STの前身であるSGS-ATES(社名変更後:SGS Micrelettronica)に入社。 1987年、SGS-ATESの親会社であるSGS Microelettronica(イタリア)とThomson Semiconducteurs(フランス)が合併し、ヨーロッパにおける主要半導体メーカー SGS-THOMSON Microelectronics(現在世界トップクラスの半導体メーカーであるST)が誕生。それに伴い、テレコム製品事業部のジェネラル・マネージャに就任。 その後、戦略マーケティング&キー・アカウント部門のディレクターを経て、アメリカ地域を統括する上級副社長に昇格。 1994年、ヨーロッパ地域と世界のセールス・マーケティングを統括する上級副社長に就任し、ヨーロッパ地域でのセールス・マーケティング統括に加え、主要顧客ならびにワールドワイドの戦略マーケティングを指揮。1998年から2005年まで、メモリ製品グループ担当のコーポレート・バイスプレジデント 兼 ジェネラル・マネージャを務める。

欧州委員会が2010年に設置したHLG(High-Level Group on Key Enabling Technologies)ならびに2013年に設置したELG(Electronics Leaders Group)のメンバーを務める。

1952年、イタリアのミラノ近郊に位置するノヴィリオ(Noviglio)生まれ。イタリアのパビーア大学(University of Pavia)にて電子工学を専攻。

BIOGRAPHY
pdf English version 
pdf French version 
pdf Italain version 

2017年7月

Back to top


 

 

JEAN-MARC CHERY(ジャン・マーク・シェリー)

副最高経営責任者

2017年7月、STマイクロエレクトロニクスの副最高経営責任者に就任し、全社の技術・製造部門に加え、営業・マーケティングを統括。STのエグゼクティブ・チームのメンバーも務める。

フランスの工業グループであるMatra社に入社し、品質管理部門に配属される。1986年、Thomson Semiconducteurs(STマイクロエレクトロニクスの前身)に入社後、製品企画・製造における複数の管理職を務める。その後、ツール工場(フランス)、ルッセ工場(フランス)のウェハ製造を統括。2005年、6インチの前工程製造設備の再編プログラムを指揮した後、アジア・パシフィック地区における前工程製造部門の責任者に就任。2008年、最高技術責任者(CTO)に就任。2011年には製造・品質管理部門、2012年にはデジタル製品セクターを担当領域に追加。2014年、全社の技術・製造部門を統括する最高業務執行責任者(COO)に就任。

また、中国の製造合弁企業 STSの取締役会会長のほか、AENEAS(Association for European NanoElectronics Activities : マイクロ/ナノエレクトロニクス関連の企業を結集した欧州ナノエレクトロニクス活動協会)のの理事会メンバーも務める。

1960年、フランスのオルレアン(Orleans)生まれ。フランスの国立技術工芸専門学校(ENSAM)卒、工学専攻。

BIOGRAPHY
pdf English version
pdf French version

pdf Italian version

2017年7月

Back to top

 


 

 

 

Orio BellezzaOrio Bellezza(オリオ・ベレッツァ)

グローバル技術開発 & 製造 社長

2017年7月、STマイクロエレクトロニクスのグローバル技術開発 & 製造 社長に就任。2008年より、フロントエンド製造部門を担当しており、その後、オートモーティブ製品、インダストリアル & マルチセグメント製品およびアナログ・パワー製品の技術研究開発を担当領域に追加。STのエグゼクティブ・チームのメンバーも務める。

1984年、STの前身であるSGS-ATESに、前工程エンジニアとして入社。その後、中央研究所に異動し、サブミクロン不揮発性メモリのプロセス技術導入などを含む様々なプロジェクトに参加。1996年、イタリアのアグラテ工場において研究開発センターのディレクタに昇進し、不揮発性メモリおよびスマート・パワー技術の製造・開発センターを指揮。2002年、中央研究所バイス・プレジデントに任命される。2005年にはバイス・プレジデント 兼 フロント・エンド技術および製造部門 ジェネラル・マネージャ代理に就任。

不揮発性メモリに関する技術論文を発表し、複数の特許を取得している。

1959年、イタリアのベルガモ(Bergamo)生まれ。イタリアのミラノ大学を優等で卒業、化学専攻。

BIOGRAPHY

pdf English version
pdf French version

pdf Italian version

2017年7月 

Back to top

 


 

 

Claude Dardanne

MARCO CASSIS(マルコ・カッシス)

グローバル・セールス & マーケティング 社長

2017年7月、STマイクロエレクトロニクスのグローバル・セールス & マーケティング 社長に就任。STのエグゼクティブ・チームのメンバーも務める。

1987年、SGS-THOMSON Microelectronics(現ST)に入社。カーラジオ用ICの設計に従事。1993年、日本における主要顧客向けのカー・オーディオ・ビジネス拡大のため東京に転勤。1990年代後半、パイオニア社との戦略的パートナーシップ構築に大きく貢献する。2000年、オーディオ製品部の責任者となり、その後、オーディオ&オートモーティブ部門担当のディレクターに昇進。設計、マーケティング、営業、アプリケーション・サポートならびにカスタマー・サービスを統括する。2004年、自動車・コンピュータ周辺機器・テレコム製品のマーケティング部門担当の副社長に昇格。2005年、STマイクロエレクトロニクス株式会社の取締役副社長に任命されると共に、オートモーティブ製品グループの責任者に就任。2005年、STマイクロエレクトロニス日本法人(STマイクロエレクトロニクス株式会社)の代表取締役社長に就任。2010年には韓国を、2016年にはグレーター・チャイナおよび南アジアを担当地域に加え、アジア・パシフィック地区 社長に就任。

1963年、イタリアのトレビソ(Treviso)生まれ。イタリアのミラノ工科大学卒、電子工学専攻。

BIOGRAPHY
pdf English version
pdf French version

pdf 
Italian version

2017年7月

Back to top


 

 

Claude Dardanne

CLAUDE DARDANNE(クロード・ダダーン)

マイクロコントローラ & デジタルICグループ 社長

STマイクロエレクトロニクスのマイクロコントローラ & デジタルICグループ 社長。2016年1月より、これらの担当領域を統括しており、STのエグゼクティブ・チームのメンバーも務める。

Thomson Semiconducteurs社(STの前身)に入社し、1982年より、マイクロコントローラおよびマイクロプロセッサのマーケティングを担当する。1989年から1994年にフランスのApple Computer社、ベルギーのAlcatel-Mietec社にてマーケティング・ディレクターを務める。1994年、メモリ製品グループのセントラル・マーケティング部のディレクターとしてSTに再度入社する。1998年、同グループのEEPROM事業部の責任者に就任。その後、グループ・ジェネラル・マネージャ代理に昇格し、スマート・カード事業部を統括。2007年、マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCUグループ(MMS)の設立に伴い、コーポレート・バイスプレジデント 兼 MMSジェネラル・マネージャに就任。MMSは、市場シェア・売上・利益を拡大すると共に、マイクロコントローラ市場における主導的地位を確立。

1952年、フランスのリモージュ(Limoges)近郊生まれ。フランス・ルーアンの高等電気学校卒(Ecole Supérieure d'Ingénieurs en Génie Electrique)、電子工学専攻。

BIOGRAPHY
pdf English version
pdf French version

pdf 
Italian version

2017年7月

Back to top


 

 

CARLO FERRO(カルロ・フェロー)

最高財務責任者
財務・法務・インフラストラクチャ・サービス 社長

STの財務・法務・インフラストラクチャ・サービス 社長 兼 最高財務責任者(CFO)。合弁会社であるST-エリクソンにおいて、最高業務執行責任者(COO)(2012年2月~2013年3月)ならびに社長 兼 最高経営責任者(CEO)(2013年4月~2014年4月)を務めた期間を除き、2003年5月よりSTのCFOを務める。ST-エリクソンでは、同社事業ならびにリソースの親会社(ST / Ericsson社)への移管や、段階的縮小に向けた取り組みを統括。

担当領域は、財務および経営管理に加え、事業計画、グローバル購買、法務、知的財産、情報通信技術、IRおよびパブリック・アフェアーズ(イタリア国内)。STのエグゼクティブ・チームのメンバーを務める他、2015年5月よりSTイタリア法人の社長を務める。

1992年から1996年、イタリアの先端技術・製造グループで、STの前株主であるFinmeccanica社において、プラニング、経理、企業財務およびM&Aに従事し、豊富な経験を積む。その後3年間、プロセス・オートメーション分野の世界的リーダーで、ニューヨーク証券取引所に上場しているElsag Bailey Process Automation社にて戦略計画担当バイスプレジデントを務めた後、企画・経理担当バイスプレジデント 兼 上級財務責任者を務める。1999年、財務部門のグループ・バイスプレジデントとしてSTに入社。2002年にはCFO代理へ昇格し、2003年にCFO就任。

中国における製造合弁会社 STS社の取締役や、フランス、イタリアおよびシンガポールのST関連会社の取締役会メンバーを務める。また、産業・財政政策に関するロンバルディア連盟(Assolombarda)のバイス・プレジデント、およびイタリア産業総連盟(Confindustria)の海外投資家向け諮問委員会のメンバーを務める。さらに、Incard SA社の会長およびST Service Srl社の社長の他、STが株式を所有する複数の企業において監査委員会のメンバーや会長も務める。

1961年、イタリアのサボナ(Savona)生まれ。スイスとイタリア国籍を持つ。ローマのルイス・ギド・カルリ大学(LUISS Guido Carli University)卒、経営・経済学を専攻。2008年から2011年、同大学にて、企画・管理学の教授、ならびに先端金融学の准教授を務めた。イタリア公認会計士。

BIOGRAPHY
pdfEnglish version
pdfFrench version
pdfItalian version


2017年7月

Back to top

 


 

 

 

MontiMARCO MARIA MONTI(マルコ・マリア・モンティ)

オートモーティブ & ディスクリート・グループ 社長

STマイクロエレクトロニクスのオートモーティブ & ディスクリート・グループ 社長。2012年よりオートモーティブ製品グループを統括し、2016年1月に担当領域をディスクリートおよびパワー・トランジスタ製品まで拡大。STのエグゼクティブ・チームのメンバーも務める。

1986年、STに入社し、中央研究開発部門に配属。1988年、オートモーティブ製品事業部に異動後、スマート・パワー技術を取り込んだ車載用ICの設計に携わる。1990年代、日本にて、オーディオ・アプリケーションのノイズ低減設計に向けた共同開発に従事。その後、マーケティング部門に異動し、日本におけるSTの車載用ICビジネスの拡大に貢献。2000年、オートモーティブ製品事業部のマーケティング・マネージャに就任。その2年後、車載用マイクロプロセッサ・ビジネスを開始。2004年には同事業部内でパワー・トレイン / セーフティ / シャーシ用製品担当ジェネラル・マネージャに昇進し、2009年よりオートモーティブ製品グループのオートモーティブ・エレクトロニクス製品事業部を統括。2012年、本社上級副社長 兼 オートモーティブ製品グループ ジェネラル・マネージャに就任。

1961年、イタリアのミラノ(Milan)生まれ。イタリアのミラノ工科大学卒、電子工学専攻。イタリアのパビーア大学(University of Pavia)にて電子工学の博士号を取得。

BIOGRAPHY
pdf English version
pdf French version

pdf Italian version

2017年7月

Back to top

 


 

 

 

Georges PenalverGEORGES PENALVER(ジョルジュ・ペナルヴェ)

最高戦略責任者
戦略・コミュニケーション・人事・品質 社長

STマイクロエレクトロニクスの最高戦略責任者 兼 戦略・コミュニケーション・人事・品質 社長。2013年より、企業戦略、企業開発、コーポレート・コミュニケーション、人事、コーポレート・セキュリティ、Product Quality Excellence、パブリック・アフェアーズ(フランス国内およびEU圏内)を統括。STのエグゼクティブ・チームのメンバーも務める。

1980年、Sagem社に入社後、テレコム製品の立ち上げ、海外展開の管理、グローバルな営業ネットワークの構築を通し、ブロードバンド通信事業の発展に貢献。携帯電話・インターネット向けサービスの普及に尽力し、2001年にはSagem社の役員に就任、最高経営責任者代理を務める。2005年、France Telecom社のOrangeグループに、戦略・ビジネス開発を担当する最高経営責任者代理として入社。Flance Telecom社Orangeグループにおける製品マーケティングおよびサービス運営、グループ全体の製品開発、Orange Labsの活動を担当。2011年、これまでの幅広い経験を活かし、Cathaya Capital Fund社の共同創設者 兼 業務執行社員に就任、その後2012年7月まで務める。

2003年、フランス政府より国家功労勲章のナイトの称号を受賞。

1956年、メクネス(モロッコ)生まれ(国籍:フランス)。国立高等技術工芸専門学校(Ecole Nationale Supérieure d’Arts et Métiers)およびパリ国立高等通信専門学校(Ecole Nationale Supérieure des Télécommunications)卒。

BIOGRAPHY
pdf English version
pdf French version

pdf Italian version

2017年7月

Back to top

 


 

 

 

Benedetto VignaBENEDETTO VIGNA(ベネデット・ビーニャ)

アナログ・MEMS・センサ グループ 社長

STマイクロエレクトロニクスのアナログ・MEMS・センサ グループ 社長。2016年1月より、これらの担当領域を統括しており、STのエグゼクティブ・チームのメンバーも務める。

1995年、STに入社し、MEMS事業を立ち上げる。その後、STのMEMSセンサが、大手メーカー各社のモーション・ベースのユーザ・インタフェースに採用され、業界における主導的地位を確立。MEMSマイクロフォン、電子コンパス、タッチスクリーン・コントローラ、さらには環境センサ、マイクロ・アクチュエータ、産業用・車載用センサおよび低消費電力通信用ICなど、IoT機器向けの製品を導入。2011年、マス・マーケットで好調であったアナログICと通信用ICを、2016年には主要顧客およびマス・マーケット向けのスマート・パワー製品を担当領域に加える。

マイクロマシンに関する170件以上の特許を取得。多数の出版物を執筆すると共に、EUが支援する複数のプログラムにおいて理事を務める。その他、MEMS産業への貢献が認められMEMS Industry GroupのExecutive of the Year Award(2013年)、European SEMI Award(2013年)、IEEE Frederik Philips Award(2015年)、およびドイツ「Markt & Technik誌」のManger of the Year(2017年)を受賞。

1969年、イタリアのポテンツァ(Potenza)生まれ。ピサ大学(University of Pisa)卒、原子核物理学を専攻。

 

BIOGRAPHY
pdf English version
pdf French version

pdf Italian version

2017年7月

 

Back to top

 


 

×