ST Life.augmented
mmc

STM32F2シリーズ

高性能MCU STM32 F2シリーズ

ARM® Cortex™-M3ベースのSTM32 F2シリーズは、STの先進的な90nm NVMプロセス技術と革新的なART Accelerator™(適応型リアルタイム・メモリアクセラレータ)およびマルチレイヤ・バス・マトリックスを採用しています。これにより、これまでは得られなかった水準の価格‐性能バランスを実現しました。

このシリーズは、最大1MBのFlashメモリと最大128KBのSRAM及び、イーサネットMAC、USB 2.0 HS OTG、カメラ・インタフェース、ハードウェア暗号化サポート、および外部メモリ・インタフェース等のペリフェラル機能の高い集積度を特徴としています。

STのアクセラレーション技術により、これらのMCUは、CPUの動作周波数120 MHz時、ゼロ・ウェイトステートでのコード実行に相当する最大150 DMIPSまたは398 CoreMarkを実現すると同時に、動的消費電流を175μA/MHzというきわめて低いレベルに保つことが可能です。

これらのデバイスは、LQFP64、LQFP100、LQFP144、WLCSP66(4X4 mm未満)、UFBGA176、およびLQFP176の各パッケージで提供されます。

このシリーズは、ピン互換性、ペリフェラル機能互換性、およびソフトウェア互換性を備えた2つの製品ラインからなります。このシリーズは他のSTM32製品とも非常に高いピン互換性を有しています。

  • STM32F205/215 – 120MHz CPU/150 DMIPS。高度なコネクティビティ性能と暗号化機能を備えた最大1MBのFlash
  • STM32F207/217 – 120MHz CPU/150 DMIPS。高度なコネクティビティ性能と暗号化機能を備えた最大1MBのFlash。STM32F205/215にイーサネットMACとカメラ・インタフェースを追加した製品であり、より大きなパッケージにより多くのGPIOと機能を実装。

Software development for STM32 made easy with STM32Cube™

Software development for STM32 made easy with STM32Cube™

STM32Cube™ is an entirely free tool, providing

STM32CubeMX , a generator of initialization C-code for STM32 MCUs, based on a graphical user interface, and one embedded software library per series of STM32 products, containing the hardware abstraction layer (HAL) for the STM32 peripherals and a set of Middleware (RTOS, USB, TCP/IP, Graphics, …) based on components that are either ST developed or open source

The initialization code and HAL and Middleware library work with all STM32 compilers, the included  project examples are set up for IAR, Keil, and the GCC based Atollic IDE. 

STM32Cube comes with hundreds of application code examples and supports the STM32 F4, STM32 F3, STM32 F2, STM32 F0 and STM32 L0 series

Feedback Form
Customer Feedback