新規2.4GHzワイヤレスSoC

STM32WBA55:
ユーザ体験を高める優れた無線性能

stm32wba55-mcu

設計プロセスを簡素化する柔軟で小型かつ極めてセキュアなソリューション

設計プロセスを簡素化する柔軟で小型かつ極めてセキュアなソリューション

STM32WBA55製品ラインは、Bluetooth®LE 5.4(認証済み)、Zigbee、Thread、およびMatterなどの各種無線通信規格をサポートします。

無線通信環境の進化への対応に必要な柔軟性と、データの保護とハッキングやデバイスの複製の防止を実現する優れたセキュリティ機能を開発者に提供します。

この新しい製品ラインは、ST初のAuracastブロードキャスト機能によるオーディオ・ストリーミングに対応したBluetooth® LE 5.4デバイスです。

主なメリット

高性能

マルチプロトコル対応により優れた柔軟性を提供+10dBmの送信出力により信号強度の向上とリンクの堅牢化を実現

認証済みのセキュリティ

SESIPレベル3認証、US Cyber Trust Markおよび欧州無線機器指令(RED)に準拠

開発の簡素化

STM32開発エコシステムのソフトウェア・パッケージ / ツールがハードウェア設定や無線性能評価をサポート

主な機能

  • 同時モード
  • Arm® Cortex-M33コア(最大100MHz動作)
  • 超低消費電力プラットフォーム、2.4GHz無線
  • 長距離、2Msps、アドバタイズ拡張機能
  • 1MB Flashメモリ(うち256KBは10万回の書換えサイクルに対応)
  • 128KB SRAM(うち64KBはパリティ・チェック付き)
  • TrustZone®、MPU、DSP、FPU
  • アイソクロナス・チャネル

幅広いアプリケーションに最適

産業機器

  • 産業用ゲートウェイ
  • 無線 / コンタクトレス・サブシステム

ヘルスケア

  • 医療用電動ベッド
  • 人工透析装置

民生機器

  • オーディオ & ビデオ
  • ウェアラブル機器

開発環境紹介

nucleo-wba55cg

NUCLEO-WBA55CG

経験豊富な開発者であっても、好奇心旺盛な愛好家であっても、STM32 Nucleo-64開発ボードは、組込みシステムの開発をすぐに開始するのに役立ちます。STM32WBA55CGワイヤレスSocを搭載したこのボードは、Arduino、ST Zio、およびMorphoコネクティビティをサポートします。

stm32wba55g-dk1

STM32WBA55G-DK1

STM32WBA55G-DK1は、低消費電力通信のほか、Bluetooth® SIGアイソクロナス・チャネル機能により、UnicastやAuracastなどのオーディオ機能をはじめ、さまざまなアプリケーションを実現します。

STM32製品の紹介 | ウェビナー

STM32WBA55のマルチプロトコル機能、低消費電力機能、高度なセキュリティ機能についてご紹介します。