概要
HW評価ツール
リソース
ツール & ソフトウェア
主要製品
はじめる

車載用カメラは、最高品質の映像やハイ・ダイナミック・レンジ(HDR)画像の提供、および車内外の視認性や周囲環境全体の認識の向上を目的とするオンボード・システムで、今後さらなる成長が見込まれています。

主に駐車支援、走行支援、および車両性能評価に使用され、車線逸脱警報システム(LDWS)、前方衝突警報システム(FCWS)、および死角警報(BSW)といった最新アプリケーションにおいて重要な役割を果たします。また、先進的なコンピュータ・ビジョン・アルゴリズムを組み込むことでマシン・ビジョン・システムを実現し、高度運転支援システム(ADAS)に大きく貢献します。

政府規制の厳格化に伴い、商用車では大きさを問わず車載用カメラの採用が進んでいます。その結果、現在ではリア・カメラ、サラウンド・ビュー・カメラ、eミラー、ドライバ・モニタリング・システム(DMS)など、さまざまなソリューションに細分化されています。

車載用カメラ・システム

車載用カメラ・システム設計向けソリューションおよびIC

STは、最先端のHDR CMOSイメージ・センサや、映像分析およびレンズ補正用ハードウェア・エンジンを搭載した多機能イメージ・シグナル・プロセッサ(ISP)、カスタマイズ性の高い柔軟なパワー・スキームをもち、自動車安全性要求レベル(ASIL)に適合する必要のあるアプリケーションを想定したマルチチャネル電圧レギュレータなどを含む包括的な製品ポートフォリオに基づき、最先端の車載用カメラ向けソリューションを提供しています。

ドライバ・モニタリング・システム (DMS)
ドライバ・モニタリング・システム (DMS)
ドライバ・モニタリング・システム(DMS)は、ドライバを認識するだけでなく…
続きを読む
リア・ビュー・カメラ
リア・ビュー・カメラ
リア・カメラは、車両後部に設置され、車両をバックさせる際の運転支援、 ...
続きを読む
高解像度赤外線カメラ
高解像度赤外線カメラ
運転支援システムや自動運転システムは、視界不良や完全な 暗闇の環境に...
続きを読む