21 Jun 2018 | Geneva

STマイクロエレクトロニクス、小型かつ高い利便性を備え、タンパ検出機能を持つNFC Forum認証取得済みType 5 NFCタグICを発表

Geneva / 21 Jun 2018

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、近傍通信規格であるISO 15693(1) の利便性に、タンパ検出、複製防止、データ保護およびユーザのプライバシー保護といった追加機能を組み合わせた、Type 5 NFCタグIC であるST25TVを発表しました。

ISO 15693に準拠するNFCタグICは、ISO 14443に準拠するNFCタグICに比べて、アンテナの小型化、データ通信の信頼性向上、および通信の長距離化が可能です。ST25TVは、タンパ検出機能を備えた唯一のISO 15693に準拠するNFCタグICで、耐タンパ性パッケージングや防犯タグ・システムなどのアプリケーションにおいて、安全性向上と小型化のほか、導入や読出しの簡略化を実現します。スマートフォンやRFIDリーダとの通信が可能なため、コンスーマ用および業務用のどちらにも適しています。

NFC Forum認証取得済みのSTの新しいNFCタグICは、高級品や医薬品などの分野における、クラウド管理をベースにしたブランド保護、製品認証およびNFC機能搭載のスマートフォンを用いた偽造防止に最適です。タンパ検出に加え、各種機能により、小売店、スマート・インダストリ、ロジスティクス、デジタル・ホーム、フィジカル・ウェブ(Physical web)アプリケーション(スマート・ポスター、アセット管理、アクセス制御、ID認証、ゲームなど)における非接触通信を保護します。

ST25TV は、64bitの固有デバイスIDが付けられており、STのTruST25™を使用して生成されたデジタル署名によって出自の証明と複製防止を実現しています。ユーザ・メモリは、最大64bitの暗号化による読出し/書込みのパスワード保護と、ブロック・レベルでの書込みロックが可能です。また、パスワードとデータ/設定のロック機能によるKillモードおよびUntraceableモードも備えているため、ユーザのプライバシー保護が可能です。

ISO/IEC 15693のすべての変調方式、コーディング、サブキャリア・モード、およびデータ・レートをサポートしているST25TVは、最大53 Kbit/sの高速読出しアクセスによる多様なブロック読出し/書込みモードが可能です。EEPROM容量は512bit(ST25TV512)と2Kbit(ST25TV02K)の2種類があり、メモリの分割設定、最低10万回の書込みサイクルの耐久性、そして60年間のデータ保持を保証する長期保存性を実現します。

ST25TV512およびST25TV02Kは、厚み75ミクロンまたは120ミクロンのカット済みおよびバンプ・ウェハ(ダイ)、またはUFDFPN5パッケージ(1.7 x 1.4mm、5リード)で提供されます。単価は、1000個購入時に約0.10ドルです。現在、一部のパッケージ・タイプおよびメモリ容量の製品が量産中で、2018年中頃までに、すべてのパッケージおよびメモリ容量の製品が提供される予定です。

詳細については、www.st.com/st25tvをご覧ください。

(1)  ISO 15693規格のタグは13.56 MHzの周波数で動作し、1~1.5メートルの最大通信距離を実現します。

ST 最新情報

サポート &フィードバック