SequansとSTマイクロエレクトロニクスのCLOE IoTプラットフォーム、Remo Wireless社のIoTトラッキング・システムに採用


Paris, France; and Geneva, Switzerland / 12 Feb 2018

IoT用LTEチップの主要メーカーであるSequans Communications S.A.(NYSE:SQNS、以下Sequans)と、多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、両社の技術を融合したIoTトラッキング・システム用プラットフォームの「CLOE」が、中国のIoT機器および統合ソリューション・メーカーであるRemo Wireless社に採用されたことを発表しました。Remo Wireless社は、北米、日本および中国の顧客を対象とした多様なIoTトラッキング・システムの設計にCLOEを導入します。CLOE(connecting and locating objects everywhere)は、SequansのLTE-M(Long-Term Evolution 4G技術)チップ「Monarch」とSTのGNSS(全地球航法衛星システム)対応測位用IC「Teseo III」を統合したIoTトラッキング・システムの開発に役立つオールインワン・ソリューションで、世界中の機器メーカー向けに提供されています。

Remo Wireless社のマーケティング・営業担当シニア・ディレクターであるLu Biao氏は、次のようにコメントしています。「CLOEを採用する決め手となったのは、SequansとSTのクラス最高の技術を融合したこのソリューションが、我々の見てきた中で最も強力なIoTトラッキング・システム用開発ソリューションだったからです。CLOEは、LTE-M通信用チップ、MEMS、GNSS対応測位用ICを搭載し、必要な機能を網羅したコンパクトな統合ソリューションで、超小型サイズでありながらBluetooth® low energyやWi-Fiなどの機能を拡張することも可能です。当社は、アセット管理、ペットや子供を見守るための機器のほか、OBDII規格に対応した機器などを開発しています。」

SequansのIoTビジネス・ユニット・バイスプレジデントであるDanny Kedarは、次のようにコメントしています。「Remo Wireless社は、非常に積極的なODMメーカーで、大きな成功を収めています。Remo Wireless社と我々がCLOEを通じて協力することで、素晴らしい成果を上げることができるでしょう。トラッキング・システムのターンキー・ソリューションであるCLOEは、多様なアプリケーション向けのIoTトラッキング・システムに対応した高効率なLTEを設計するRemo Wireless社の顧客に有益です。」

STのインフォテインメント・ビジネスユニット担当ディレクターであるAntonio Radaelliは、次のようにコメントしています。「CLOEは、Sequansとの緊密かつ効率的な協力の成果です。Remo Wireless社は、CLOEを採用する最初のメーカーです。CLOEには、最小限の消費電力でそれぞれ独立して動作するLTE-M通信用チップとGNSS対応測位用ICが集積されており、Remo Wireless社が開発しているトラッキング・システムはこのメリットを活用できるでしょう。」

さまざまな機器メーカー向けに開発されたCLOEは、電源制御ユニット(PMU)、LTE通信用チップ、GNSS対応測位用IC、メモリ、マイクロコントローラを超小型パッケージ(30 x 40 mm)に集積した、IoTトラッキング・システム用のターンキー・ソリューションです。CLOEは、各種トラッキング・システムに対応できるよう設計されており、バッテリ寿命、測位精度、到達性、モビリティ、定期通信などについて、クラス最高の性能を備えています。CLOEは、GNSS対応測位用IC、LTE-M通信用チップ、およびアプリケーション・ドメインごとに電源系統が分離して設計されているため、他のドメインをシャットダウンさせることで消費電力を最小化しながら、GNSSサブシステムによって追跡を続けることができます。

CLOEは現在入手可能で、LTE通信用チップ、GNSS対応測位用IC、加速度センサ、電源、バッテリ制御、LED、操作キー制御といったあらゆる機能が実装された上で、製造に向けて最適化されています。モジュラー設計により、組み込みが容易でコストを最適化できるとともに、カスタマイズも簡単です。

Sequansは、Mobile World Congress(2月26日~3月1日、ホール5、ブース5C87)において、Remo Wireless社のBailong Telematics LTE-Mオンボード・ユニットを出展します。

将来予測に関する記述は、こちらをご参照ください。

Sequans Communicationsについて
Sequans Communications S.A.(NYSE:SQNS)は、IoTおよび幅広いブロードバンド・データ機器向けのシングル・モード4G LTE半導体ソリューションにおける大手サプライヤです。2003年に設立されたSequansは、4G技術で7世代もの製品を開発・提供してきました。また、開発したチップは世界中の4Gネットワークにおいて認証を取得し、出荷されています。現在、Sequansは2つのLTE製品ラインとして、多機能モバイル・コンピューティングおよび家庭用/携帯用ルータ機器に最適なStreamrichLTE™と、M2M機器などのIoT向け通信機器に最適なStreamliteLTE™を提供しています。Sequansはフランスのパリを拠点とし、米国、英国、イスラエル、香港、シンガポール、スウェーデン、台湾、韓国、中国にもオフィスを置いています。Sequansの詳細については、www.sequans.comwww.facebook.com/sequanswww.twitter.com/sequansをご覧ください。

出典: Sequans Communications S.A.Media contacts

Sequans media relations:  Kimberly Tassin, +1.425.736.0569, Kimberly@sequans.com

Sequans investor relations: Claudia Gatlin, +1.212.830.9080, claudia@sequans.com

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2017年の売上は83.5億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト(http://www.st.com)をご覧ください。

*2018年2月12日にパリ(フランス)とジュネーブ(スイス)で発表されたプレスリリースの抄訳です。

For Press Information Contact:

STMicroelectronics
Michael Markowitz
Director Technical Media Relations
+1 781 591 0354
michael.markowitz@st.com

リリース検索

×