車載用マイクロコントローラSPC5向けAI

自動車産業は、人工知能(AI)によって大きく変わりつつあります。自動運転を実現するための重要な要素であるAIと機械学習は、車の周囲状況を認識し、加速やブレーキ、方向転換、車線変更を安全に行うための判断をし、より安全な運転に貢献します。

自動車は、さまざまな部品から構成される複雑なシステムであるため、さまざまなサブシステムでAIを活用することができます。バッテリの充電量や寿命をモニタリングするバッテリ・マネージメント・システム、CANプロトコル(SysCan)への悪意ある侵入攻撃の検出、センサ・フュージョン・ユニットにおける機械的異常や異常なイベントの検出、車とクラウド間の通信リンクを保護するためのゲートウェイなど、その適用範囲は広がり続けています。

STの車載用32bitマイクロコントローラ(マイコン)SPC58 Chorusシリーズは、最大3つの200MHz PowerPC e200z4コアを搭載したマルチコア・アーキテクチャ、10MBのFlashメモリ、1MBを超えるRAMを備え、小規模なニューラル・ネットワークを効率的に実装するための演算能力を提供します。

組込みSPC5Studio.AIコンポーネントを活用して独自の組込みアプリケーション開発を行うことができ、TensorFlow Lite、Keras、Caffe、Lasagneなどの最も一般的なAIフレームワークとトレーニング・ツールから、事前学習済みニューラル・ネットワークをインポートすることができます。ONNXは、PyTorch、Matlab、Paddle Paddle、MXNET、Chainer、Caffe2など、一般に使用されるフレームワークをサポートしています。
 
SPC5-Studio.AIは、ターゲットの検証を行い、複雑性レポートを作成します。SPC5Studioでサポートされるコンパイラとの緊密な統合を通じて、ターゲットの使用状況を正確にプロファイリングおよびレポートすることが可能です。
 
組込みAIアプリを使用すると、広範なオートモーティブ・グレードのユース・ケースを対象としたさまざまなセンシング・モダリティ(ビジョン、オーディオ、モーション、化学物質など)について、SPC5解析を簡単に展開することができます。
 
詳細については、SPC5Studio.AIをご覧ください。