STマイクロエレクトロニクスとBiricha Digital Power、STM32マイコンを使ったデジタル電源の普及で協力

2018年11月27日~30日、ハンズオン・トレーニング(4日間)をミュンヘンで開催
Geneva / 12 Sep 2018

インテリジェント・パワー・ソリューション向けの低コスト・高性能マイクロコントローラ(マイコン)の継続的な開発が、新たな設計の可能性を広げてきました。この経験を生かし、STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)と、スイッチング電源およびEMCに関するトレーニングとコンサルティングの主要企業であるBiricha Digital Power社(以下Biricha社)は、電源開発エンジニア向けに、迅速なデジタル電源への移行方法が学べるワークショップ・プログラムを開発しました。 STマイクロエレクトロニクスとBiricha Digital Power、STM32マイコンを使ったデジタル電源の普及で協力

このワークショップ・プログラムでは、高性能かつ安定したデジタル電源およびデジタルPFC(力率補正回路)を開発する電源ユニット設計者のほか、組込みシステム・エンジニアが対象とされており、専用のハードウェア、ソフトウェア、ツール、ラボおよび詳細なトレーニング資料が用意されます。ハードウェアにはSTM32ファミリのSTM32F334(高分解能タイマ内蔵 : 217ps)が含まれており、Biricha社の電源およびPFC設計用ソフトウェアと組み合わせて使用します。(STM32ファミリは、超低消費電力製品から高性能製品まで800品種以上の製品で構成され、充実した開発エコシステムでサポートされています。)

キー・セッションでは、デジタル電源およびPFCをゼロから簡単に設計する方法に加え、電圧モード / 電流モードのDC-DCおよびPFCアプリケーション向けに、安定したデジタル制御ループの設計方法を解説します。また、ワークショップの参加者は、多様なデジタル電源の設計、コーディング、実装およびテストを体験することができます。

第1回目のワークショップは4日間の包括的コースで、Future Electronics社の主催により、2018年11月27日~30日にミュンヘン(ドイツ)で開催される予定です。

参加をご希望の方は以下URLからお申し込みください。

リリース検索

関連ドキュメント



×