概要
Product selector
ツール & ソフトウェア
リソース
ソリューション
eDesignSuite
Get Started

STは、高出力レンジ向けに、STのFFX技術をベースにした最新世代のデジタル・オーディオ・パワー・アンプを提供しています。 完全にデジタル化された高効率のFFX(Full Flexible Amplification)を組み合わせることで、STのオーディオ・パワー・ソリューションは、広範なコンスーマ向けオーディオ製品に使用でき、以下の機能を提供します。

  • 2重および3重のFFX高効率運用モード
  •  1.0、2.0、2.1、および4.0チャネルの間で柔軟な構成が可能
  • 放熱を最適化するためのPSO36およびPSS036スラグ・アップ / スラグ・ダウン表面実装パッケージ 

推奨製品

STA518 quad power half-bridge digital audio amplifier

STA518 is a monolithic quad half bridge stage in Multipower BCD Technology. The device can be used also as dual bridge or reconfigured, by connecting CONFIG pin to Vdd pin, as single bridge with double current capability.
The device is particularly designed to make the output stage of a stereo All-Digital High Efficiency (DDX™) amplifier capable to deliver an output power of 24W x 4 channels @ THD = 10% at Vcc 30V on 4W load in single ended configuration. It can also deliver 50 + 50W @ THD = 10% at Vcc 29V as output power on 8W load in BTL configuration and 70W @ THD = 10% at Vcc 34V on 8W in single paralleled BTL configuration.