CATEGORIES

赤外線(IR)センサ

概要
製品セレクタ
ソリューション
ドキュメント
CADリソース
ツール & ソフトウェア
eDesignSuite

人感用赤外線センサSTの赤外線センサ(IRセンサ)は、視野角内にある物体の赤外線放射を測定することで、物体の動きを正確に検知したり人の存在を感知したりできます。

赤外線ベースのセンサをサポートする技術にはさまざまなものがありますが、STでは、人や物体の存在や動きを高精度かつ低消費電力で検知し、デジタル出力するTMOS IRセンサ・ソリューションを提供しています。

TMOS IRセンサ・アプリケーション

STのTMOS IRセンサでは、周辺の人や物体の存在/不在や動きを検知する幅広いユース・ケースを実現できます。

Smart Home & Smart Building
ホーム・オートメーション
  • Smart Home / Smart Building
  • 存在検出 / 動体検知
省エネルギーのスマート照明
スマート照明
  • 存在検出 / 動体検知
  • 省エネルギー
スマートIoTエアコン
スマートIoT生活家電
  • 存在検出 / 動体検知
  • 省エネルギー
存在検出用セキュリティ・アラーム・システム
セキュリティ・アラーム・システム
  • 存在検出 / 動体検知
  • 省エネルギー

 

TMOS IRセンサの概要と動作

TMOSはThermal(熱)MOSの略語です。本センサは、CMOS-SOIプロセスの独自テクノロジーを使用して製造されています。TMOSは、視野角(FoV)にある物体から放射される赤外線を検知するものです。放射された赤外線は、STの最新のMEMSテクノロジーによって開発されたMEMS熱絶縁ゲートに到達します。

 

赤外線センサのタイプ

STの赤外線感知テクノロジーは、熱絶縁されたMOSトランジスタ・アレイを採用しています。赤外線がゲートに到達すると、MOSトランジスタにバイアスがかかり、物体や人の温度を数メートル離れた場所から感知できるようになります。この革新的なテクノロジーは、焦電型赤外線センサ(PIR)などの既知の競合テクノロジーと比べて感度が非常に高く、動いていない対象を感知する能力も優れているため、システム設計者にとって多くのメリットがあります。そのため、新しい用途を可能にするだけでなく、既存システムのコストを大幅に削減できます。たとえば、フレネルレンズなどの赤外線濃縮器を不要にします。

 

STのTMOS IRセンサの主なメリット

  • 静止中または動いている物体の存在を検知
  • 4メートル未満の距離にある物体の検知にフレネルレンズが不要
  • 組込みSMARTアルゴリズムによる低消費電力
  • 小型パッケージ
  • デジタル・インタフェース