31 Jan 2019 | Geneva

STマイクロエレクトロニクス、IoT機器の省電力・省スペース化に貢献する 低自己消費電力かつ高効率の降圧コンバータを発表

Geneva / 31 Jan 2019

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、小型で自己消費電流が低く、すべての負荷電流値において高い効率を発揮するよう設計されたステップダウン・コンバータのST1PS01を発表しました。同製品は、アセット・トラッカ、ウェアラブル機器、スマート・センサ、スマート・メータを含む、IoT機器やキープアライブPOL電源の省電力化と省スペース化を実現します。

STマイクロエレクトロニクス、IoT機器の省電力・省スペース化に貢献する 低自己消費電力かつ高効率の降圧コンバータを発表

ST1PS01は、同期整流を利用することで、400mA全負荷時で92%、1mA負荷時で95%もの効率を実現しています。省電力設計機能により、自己消費電流をわずか500nAに抑えながら、低消費電力の電圧リファレンスを提供します。また、軽負荷時のコンバータ電流を制御するパルス周波数カウンタに加え、2つの高速コンパレータも備えており、出力リップルの最小化に役立ちます。

ST1PS01は、フィードバック・ループ補償、ソフトスタート回路およびパワー・スイッチを統合した省スペース・ソリューションのため、小型アウトライン受動部品を少数加えるだけで回路が完成します。インダクタ代表値は2.2µHです。また、出力電圧選択ロジックにより、外部電圧設定部品が不要であるだけでなく、モジュールの構成を製造時にデジタル的に行ったり、ホスト・システムによって出力電圧をオンザフライで変更する柔軟性が得られます。それぞれ4つのオプション出力電圧設定を備えた8品種が用意されており、3.3V~0.625Vの安定化出力を選択できます。また、すべての品種にパワーグッド・インジケータが搭載されています。

ST1PS01の入力電圧範囲は1.8V~5.5Vと広く、さまざまなバッテリ化学構造やシングル・リチウム・セルのようにシンプルな構成に対応でき、バッテリの放電に応じて寿命を延長できるため、設計柔軟性をさらに高めることができます。また同製品は、エナジー・ハーベスティング・システムを電源とする機器にも最適で、ノイズに敏感なアプリケーションにも対応可能な低ノイズ・アーキテクチャを備えています。

評価ボードのSTEVAL-1PS01EJRは、ST1PS01の優れた電力効率と機能統合を活用する方法を素早く理解するのに役立ちます。

ST1PS01は現在量産中で、400µmピッチのフリップチップ・パッケージ(1.11 x 1.41mm)で提供されます。単価は、1000個購入時に0.686ドルです。

詳細については、www.st.com/st1ps01-prをご覧いただくか、ST Voltage Regulator Finderモバイル・アプリ(主要なアプリ・ストアで入手可)をご利用ください。

ST 最新情報