25 Jun 2019 | Geneva

STマイクロエレクトロニクス、広範な電圧範囲に対応した車載アプリケーションの堅牢性と柔軟性を向上させる新しいスイッチング・レギュレータを発表

Geneva / 25 Jun 2019

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、車載用スイッチング・レギュレータのA7987を発表しました。同製品は、入力電圧範囲が広く、トラックやバスなどの大型車に使用できる一方、出力電圧を調整できるため、柔軟でありながら安定した性能でボディ、インフォテインメント、テレマティクスといった車載アプリケーションの多数の電圧レールに給電することができます。

STマイクロエレクトロニクス、広範な電圧範囲に対応した車載アプリケーションの堅牢性と柔軟性を向上させる新しいスイッチング・レギュレータを発表

最大入力電圧が61VのA7987は、従来型自動車とハイブリッド車 / 電気自動車の24Vバッテリで動作が可能で、ロード・ダンプなどの異常が生じても安定した出力を維持します。出力電圧は0.8Vから入力電圧まで調整でき、ドロップアウトも低いため、ロジック回路から照明まで多様な負荷に最大3Aの電流を供給することができます。

外付けのプルダウン抵抗には、電流制限と最大1.5MHzのスイッチング周波数が設定されているため、出力インダクタのサイズを最適化することでコンパクトなパワー・モジュールを設計できます。短絡時にはデジタル周波数フォールドバックによるパルス・バイ・パルス方式の電流検知が動作し、パワー素子への負荷を最小限に抑えることで信頼性が向上します。また、過熱保護機能を組み込み、シャットダウンと自動復帰を備えているため、外的な介入を最小化します。

A7987は、低抵抗のNチャネル・パワーMOSFETを内蔵しています。軽負荷時には、パルス・スキッピングにより、出力が制御されます。また、内蔵スイッチオーバー機能を備えたバイアス電圧入力が、外部電源からアナログ回路へ給電し、効率を最適化します。

同期ピンによりスイッチング・フェーズの切り替えが可能となり、ノイズ影響の緩和および入力キャパシタに流れる実効値電流を抑えることが可能です。1つの同期ピンで最大5個のレギュレータを制御できます。イネーブル・ピンと、遅延時間を調整できるパワーグッド・インジケータが、パワーアップ・シーケンシングを可能にします。さらに、調整可能なソフト・スタート機能により、突入電流が制限されます。

AEC-Q100認証を取得済みのA7987は、現在量産中です。HTSSOP16露出パッド・パッケージ(5 x 6.4mm)で提供され、単価は1000個購入時に約2.00ドルです。

また、STは、A7987を利用した新製品の開発期間を短縮する評価ボード「STEVAL-ISA207V1」もリリースしました。この評価ボードは、STのウェブサイトまたは販売代理店から入手可能です。

詳細については、ウェブサイトをご覧ください。

ST 最新情報