22 Oct 2019 | Geneva

STマイクロエレクトロニクス、iOS 13プラットフォームの優れたNFC性能を最大限に引き出すソフトウェア・サポートを拡充

  • 新たにリリースされたiOS 13が、NFCアプリケーションのサポートを拡充し、タグの読込み / 書込みや優れた操作性を実現
  • 幅広いST25 NFCタグ・ファミリが、iOS 13向けソリューションの開発期間の短縮に貢献
Geneva / 22 Oct 2019

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、スマートフォン・アプリの開発に役立つソフトウェア・サポートの拡充を発表しました。これにより、新たにリリースされたiOS 13オペレーティング・システムにおけるCore NFCフレームワークの性能を最大限に活用することができます。

iOS 13に含まれているCore NFCフレームワークは、ISO/IEC 15693 タイプ5タグを含むさまざまなNFCタグの読込み / 書込み処理が可能です。また、すべての標準的なコマンド・セット、ISO/IEC 15693で規定されている拡張コマンド・セット、およびカスタム・コマンドが新たにサポートされます。カスタム・コマンドでは、フィットネス・トラッキングなどの変動的なデータを保存できるダイナミック・タグを介して、組込み機器との通信が可能です。強力かつ革新的な非接触通信の機能を決済やチケット発券にとどまらず、スマート・リテール、自転車やスクーターのレンタル、スマート・パーキング、ヘルスケア、クーポン券、ポイント・サービス、容易なペアリング設定やゲームなど、産業用や車載用を含めてさまざまな用途に活用できます。

STは、現在普及しているタイプ5タグ向けのST25TVシリーズや、タイプ5の長距離(ISO/IEC 15693)ダイナミック・タグ向けのST25DVシリーズなど、モバイル機器、決済端末、車載機器およびNFCタグ用チップの豊富な製品ポートフォリオを有しています。規格対応の機能に加えて、カスタムコマンドセットやTruST25™デジタル署名によるセキュリティ強化といった追加機能も搭載されています。また、ST25 SDKソフトウェア開発キット、ST25DV-DISCOVERY評価キット、X-NUCLEO-NFC04A1 STM32 Nucleo拡張ボード、およびST25(モバイル用)NFC Tapアプリケーションなどの包括的な開発エコシステムを活用でき、さらにiOS 13対応機器のアプリケーション開発用にST25 NFC Tap iOSアプリケーションが間もなくアップデートされる予定です。

STのメモリ事業部ジェネラル・マネージャであるBenoit Rodriguesは、次のようにコメントしています。「モバイル機器の世界ではこれまで、NFCが日常生活にもたらす利便性や効率性のごく一部しか活用できていませんでした。iOS対応機器でNFCタグの機能が完全にサポートされれば、新しく創造的なアプリが数多く登場するでしょう。当社はタグ開発のサポートおよび新しいCore NFCフレームワークの性能を最大限に引き出すために、NFCタグICの強力な製品ポートフォリオや包括的なツールを提供しています。またこれにより、モバイル機器を通じた人々と世界とのつながりを変革する中心的な役割を担っています。」

ISO/IEC 15693 タイプ5規格のダイナミック・タグの発展に長期にわたって寄与し、非接触通信規格を策定するNFC ForumとISO(国際標準化機構)の主要メンバーを務めるSTは、NFC技術とアプリケーションについて幅広い専門性を有しています。また、すでにiOS 13リリースに向けた数々の開発プログラムに貢献してきました。

さらにSTは、iOS 13対応機器向けのアプリ開発を迅速に始められるよう、ST25 NFC Tapアプリケーションのソースコードのほか、iOS 13においてNFCを活用するためのヒントやテクニックを含むユーザ・ガイドも提供しています。

ST 最新情報