STのTPMファームウェア・アップデートに関するお知らせ – ECDSA署名生成

TCG(Trusted Computing Group)のTPM(Trusted Platform Module)2.0仕様に基づくSTの製品で、ファームウェアのアップデートが利用可能になりました。今回のアップデートでは、ECDSA( Elliptic Digital Signature Algorithm)署名生成機能の実装における対策が追加されています。なお、TPM1.2に基づく製品は、ECDSA機能をサポートしていません。

以下の場合、本アップデートは必須ではありません。

  • エコシステムで暗号サービスを利用していない場合  または、
  • プラットフォーム側ですでに対策を実施している場合

Microsoft Windows OS搭載製品への影響については、こちらのページから詳細をご覧ください。

STのTPMを搭載したコンピューティング機器のエンド・ユーザの方々へ

TPMファームウェア・アップデートは、機器メーカー(PCメーカー)からエンド・ユーザの方々へ配布されます。

以下のリンク先、または機器メーカーのウェブサイトに直接アクセスしてください。

その他のオペレーティング・システムや組込み製品については、対象製品のメーカーまでお問い合わせください。

今回の件の影響を受けるTPMのファームウェアおよび利用可能なファームウェア・アップデートの一覧

製品

影響を受けるFWバージョン

推奨される修正済みFWバージョン

ST33TPHF2ESPI

71.0, 71.4, 71.12

71.16

ST33TPHF2ESPI

73.0, 73.4

73.20

ST33TPHF2ESPI

73.8

73.64

ST33TPHF2EI2C

73.5

73.21

ST33TPHF2EI2C

73.9

73.65

ST33TPHF20SPI

74.0, 74.4

74.20

ST33TPHF20SPI

74.8, 74.16

74.64

ST33TPHF20I2C

74.5

74.21

ST33TPHF20I2C

74.9

74.65

このリストに記載されていないTPM製品とファームウェアは影響を受けません。

CVE識別子;CVE-2019-16863

 

詳細情報

サポート &フィードバック