概要
サンプル & 購入
ソリューション
ドキュメント
ツール & ソフトウェア
品質 & 信頼性
eDesignSuite
はじめる
Partner products
Sales Briefcase

製品概要

概要

STM32CubeIDEは、STM32Cubeソフトウェア開発エコシステムの一部として提供されるオール・イン・ワンの統合開発環境です。 先進的なC/C++開発プラットフォームであるSTM32CubeIDEは、STM32マイクロコントローラ(マイコン)およびマイクロプロセッサ向けのペリフェラル設定、コード生成、コードのコンパイル、およびデバッグ機能を搭載しています。また、開発用のEclipse® / CDTフレームワークとGCCツールチェーン、およびデバッグ用のGDBが基盤となっています。さらに、Eclipse® IDEの機能を補完するさまざまな既存のプラグインを統合可能です。
STM32CubeIDEは、STM32マイコンの初期化コード自動生成ツールであるSTM32CubeMXの設定およびプロジェクト生成機能を統合し、オール・イン・ワンの統合開発環境として、導入や開発期間を短縮します。任意のSTM32マイコンやマイクロプロセッサ、または評価ボードを選択するとプロジェクトが作成され、初期化コードが生成されます。開発中はいつでも、ユーザ・コードに影響を与えることなくペリフェラルやミドルウェアの初期化、および設定の再生成が可能です。
STM32CubeIDEには、プロジェクトのステータスやメモリ要件に関する有用な情報をユーザに提供するビルド・アナライザやスタック・アナライザが組み込まれています。
また、CPUコア・レジスタ、メモリ、およびペリフェラル・レジスタに加え、リアルタイムの変数ウォッチ、シリアル・ワイヤ・ビューア・インタフェース、またはフォルト・アナライザの表示をはじめとする、標準および高度なデバッグ機能が組み込まれています。
  • 特徴

    • STM32CubeMXの機能の統合:
      • STM32マイコン、マイクロプロセッサ、開発プラットフォームおよび選択可能なサンプル・プロジェクト
      • ピン配置 / クロック / ペリフェラル / ミドルウェアの設定
      • プロジェクト作成 / 初期化コード生成
      • 強化されたSTM32Cube拡張パッケージで補完されたソフトウェア / ミドルウェア
    • Eclipse® / CDTベース(Eclipse®アドオン / GNU C/C++ for Arm®ツールチェーン / GDBデバッガをサポート)
    • 高度なデバッグ機能:
      • CPUコア / ペリフェラル・レジスタ / メモリの表示
      • リアルタイムの変数ウォッチ表示
      • システム分析とリアルタイム・トレース(SWV)
      • CPUフォルト解析ツール
      • FreeRTOS™対応のデバッグ・サポート
    • ST-LINK(ST)およびJ-Link(SEGGER)デバッグ・プローブのサポート
    • Atollic® TrueSTUDIO®およびAC6 System Workbench for STM32(SW4STM32)からのプロジェクトのインポート
    • マルチOS対応: Windows® / Linux® / macOS®(64bitバージョンのみ)

ソフトウェア入手