MySTに保存

小売物流

概要
ドキュメント
ツール & ソフトウェア
ソリューション
物流に伴うコストは、小売業の流通・販売プロセスにおいて重要な部分を占めています。サプライ・チェーンや物流管理システムの最適化は小売業界にとって重要な問題であり、流通過程と倉庫における商品のトラッキングやモニタリングのために、多額の投資が行われています。物流の管理と簡素化のために圧倒的に広く使用されている技術は、バーコードとRFIDタグです。HF(13.56MHz)RFIDタグは大部分がカウンタ(POS)で使用されていますが、UHF(800MHz)タグは大部分が倉庫や屋外で使用されています。  ほとんどの場合、バーコードやタグを読み取りやすいように、バーコード・スキャナやRFIDリーダは携帯型データ端末に内蔵され、関係スタッフがより簡単かつ効率的に扱えるものとなっています。

NFC HFリーダライタ

NFC HFリーダライタは、パッシブ機器であるNFCタグとの短距離通信を実現します。国際規格であるISO/IEC 14443(タグまでの距離が10cm以下のきわめて短距離の通信規格)、およびISO/IEC 15693(NFCフォーラム・タイプ5タグによる1m~2mまでの距離の通信規格)に基づいています。
詳細はこちら

RAIN UHFリーダライタ

RAIN(RAdio Frequency IdentificatioN)は極超短波(UHF)のRFIDテクノロジーであり、最大10mの読み取り範囲を保証しています。倉庫内の商品の追跡や確認のために物流で広く使用され、リーダは携帯機器やタブレット、POSソリューション、スマート·キオスク、スマート·ミラー、シェルフ·リーダ、さらにはゲートウェイや固定リーダにも組み込むことができます。
詳細はこちら

バーコード・スキャナ

小売商品には、さまざまな規格に基づく電子商品IDコード(EPC)形式の1Dコード、またはマーケティング目的で使用されることが多いQRコード形式の2Dコードが付けられています。  バーコード・スキャナは、いずれもレーザ・ダイオードを使用してコードに光を当て、レーザ・ダイオード検出器またはCMOSカメラ・モジュールを使用してデータを読み取ります。リーダには、POSにおける据え置き型、および有線またはバッテリ駆動の携帯型の2種類があります。
詳細はこちら

屋外リアルタイム・モニタリング

サプライ・チェーン・フローの国際化に伴い、コンテナやパレットに積載された製品やアセットは、最終目的地に到着するまで長期間にわたり世界中を移動します。倉庫内、物流拠点、および輸送プロセスにおけるアセットの位置情報を特定するために、バッテリ寿命の長い、リアルタイムの低消費電力スマート・トラッカーがますます普及しています。
詳細はこちら

携帯型データ端末

携帯型データ端末は、製造チェーン、在庫管理、物流管理、ポイント・カード、トラッキング・システムなど、多くのアプリケーションで使用され、持ち運びできるバッテリ駆動型のデータ端末です。携帯型データ端末は、バーコード / QRコード・スキャナ、磁気ストライプ・リーダ、カード・チップ・リーダ、NFCタグ・リーダなど、物を識別するための各種手法に加え、オプションとして感熱式プリンタや、ディスプレイやタッチパッドとのユーザ・インタフェースも提供します。
詳細はこちら

流通品質状態管理

  商品の追跡およびモニタリングを行い、その情報をサプライ・チェーンの各業者や消費者に提供することで、適切に商品の保証条件や利用規約を適用することができます。環境センサおよび慣性センサは、流通過程における食品の保管状況(温度、湿度など)や、消費者による生活家電製品の使用状況を記録できるため、メーカー、輸送業者、および消費者の利益を保護する上で有用です。
詳細はこちら

電子棚ラベル

店舗の棚に価格を常に正しく表示するため、また販売促進キャンペーンを素早く立ち上げるため、食料品店などでは電子棚ラベル(ESL)の使用が広がっています。ESLは、屋内用赤外線、Bluetooth® Low Energy(BLE)、その他の独自ワイヤレス通信技術など、複数の方法で情報を受け取ることができます。LCDまたは電子ペーパー(E Ink)ディスプレイ技術に基づいており、重要な要件は10年にもおよぶバッテリ駆動時間です。ESLは、顧客エンゲージメント、パラメータ設定、ファームウェア・アップロー
詳細はこちら

製品 & ソリューション

STは、NFCタグIC、デュアル・インタフェースのNFCダイナミック・タグIC、NFCリーダライタIC、UHFタグ用のRAIN(無線周波数識別)RFIDリーダライタICなど、物流アプリケーション向けに最適な幅広い製品を提供しています。