ZigBee対応製品

概要
製品セレクタ
ソリューション
ドキュメント
CADリソース
ツール & ソフトウェア
eDesignSuite

2.4GHz無線トランシーバを搭載した超低消費電力のSTM32WBワイヤレス・マイコンと実績のあるソリューションをベースにしたメッシュ・ソリューションの構築を実現します。STの2.4GHz無線トランシーバを搭載したSTM32WBワイヤレス・マイクロコントローラは、ZigBee PRO 2017ソフトウェア・スタックを含む、認証済みの堅牢かつ包括的な開発環境を無償で提供しています。

STのZigBee認証済みソリューション

ZigBee 3.0クラスタはスマート・ホームやビル・オートメーション、ヘルスケア機器のデータ収集など、低消費電力と低帯域幅が求められる小規模無線ネットワークを用いたアプリケーションに最適です。

ZigBee PROおよびZigBee 3.0 ZCLは、認証プロセスの簡略化と開発コストの削減に貢献します。

Zigbee® 3.0

 

STM32WBシリーズ向けのZigBeeソリューションは、実績のあるZigBee PRO 2017プロトコル・スタックをベースにしており、46のZigBee 3.0クラスタをサポートしています。これにより、IoT機器開発を簡略化し、より迅速な設計に貢献します。  

また、従来のZigBeeスタックを採用している設計者向けに、既存製品に向けた21のクラスタがサポートされています。そのため、採用企業の製品ポートフォリオの継続性を保証しています。

STM32WBシリーズは、さまざまな設定の機器に柔軟に対応するための機能を提供する認証済みプラットフォームです。 

認証済みのFFD(Full Feature Device)とRFD(Reduced Feature Device)の2つの構成が用意されているため、機器のサイズやOTA(Over-The-Air)機能において優れた柔軟性を提供します。

また、STM32WBシリーズは、グリーン・パワーに対応しているため、バッテリの有無を問わずさまざまなアプリケーションに適しています。

加えて、ZigBee AllianceによるSmart Energy 1.4との互換性があるため、スマート・メータをはじめとするパワー・マネージメントやエネルギー管理アプリケーションを簡単に実装することが可能です。

STM32WBシリーズは、QFN、BGA、WLCSP(ウェハ・レベル・チップ・スケール・パッケージ)の各パッケージでチップとしての提供、および、電波法認証済みモジュールの形態で提供されます。すべての製品がSTM32Cube開発エコシステムと開発環境によりサポートされており、開発期間の短縮が可能になります。

ZigBeeデュアルコアSoC

ZigBee®

ZigBee®は、IEEE 802.15.4をベースにZigBee Allianceによって開発された無線通信プロトコルです。低消費電力や優れた信頼性および相互運用性を特徴とし、ノイズの多いRF環境において高い耐性を示します。また、ZigBee PRO認証により、異なるベンダの製品であっても、製品間の相互運用が保証されています。

STは、ZigBee Allianceのメンバーであり、理事会にプロモータとして出席しているほか、ZigBee Alliance Member Group China(ZMGC)の評議員メンバーとして、発展を担う重要な役割を果たしています。

IEEE 802.15.4は、IEEE 802.15ワーキング・グループによって規定されている技術規格で、物理層が定められています。つまりZigBeeのようなプロトコルの基盤となる汎用の標準MAC層が提供されます。