音楽ハードウェア

デジタル音声合成に
新たな技術革新を

Qubit Mojave digital sound synthesis Qubit Mojave digital sound synthesis
組込み音楽ハードウェアに新たな可能性を

2020年3月に、Qu-Bit Electronix社(以下、Qu-Bit社)がKickstarter(クラウド・ファンディング・サービス)で自社のDaisyプラットフォームのキャンペーンを実施した際、音楽業界の状況は現在と大きく異なっていました。当時のシンセサイザは、「モジュール式」と「アナログ式」が同義であり、同社が「モジュール式デジタル・シンセサイザ」というまったく新しいカテゴリを作り出したとき、ミュージシャンやサウンド・デザイナーは懐疑的な見方をしていました。

 

Target icon

課題

  • 不要なレイテンシの無いシンセサイザ
  • 低分解能なサウンドを発生させない高品質のノブ設計
  • コロナ禍でのチップ不足の中、Kickstarterの支援者からの要求に応えるために10,000個のチップを供給
  • 革新的なDSPと消費電力が大きい処理サイクルとの最適なバランス
Medal line

ソリューション

  • アナログ・シンセサイザのように16bitノブを再設計
  • STM32H7マイコンにより、ハードウェア仕様の2倍のサイクル数を豊富なサンプル音声で実行
  • 汎用マイコン機能と独自のDSP機能の両面で最適なチップを採用
Hand and heart

効果

  • 小規模生産でも、ソリューションのライセンス供与により、競合他社とパートナーシップを締結
  • 出力がハードウェアに依存しないため、まったく新しいタイプのアーティストにも普及
  • 創造性を加速させる革新的な新サウンドを追加
創造性を加速させるモジュール式デジタル・シンセサイザ

その当時、多くの人が「デジタル」は「高消費電力」かつ「高レイテンシ」なものと考えていました。レコーディングの際のディレイを好むミュージシャンはいません。Qu-Bit社は、このような固定観念を解消するため、デジタル・パラメータとデバイスの消費電力を改善し、斬新で革新的な音声サンプルを顧客に提供しました。

Qu-Bit社の業界では、一般的に独立して活動するユーザが多いため、業界で認めてもらうには小規模であっても驚異的な性能を実現する必要がありました。Qu-Bit社はSTのサポートにより、Kickstarterの支援者を納得させることができ、初のソリューション・ライセンスを競合他社に供与する準備を順調に進めています。

 

Andrew Ikenberry profile

高速動作高分解能ADコンバータ優れた低消費電力を持つSTM32H7マイコンにより、組込み音楽ハードウェアの新たな可能性が開けました。

Andrew Ikenberry氏, Qu-Bit Electronix社 最高経営責任者(CEO)

高品質ノブのニーズ

新たな音声合成技術に対するQu-Bit社の継続的な投資に加え、同社の高性能ノブ設計もモジュール式デジタル・シンセサイザに対する抵抗感の払拭に貢献しました。最新の製品ラインは65,536ステップの16 bitコントローラを備えており、最も批判的な愛好家であっても、アナログ・ソリューションとの違いに気づくことは不可能です。

Qu-Bit社がSTM32H7マイコンを含むST製品を採用した理由

低レイテンシのノブ設計と大量のデータ・サンプリングに対応するには高い処理能力が必要なため、STM32H7マイコンが最適でした。STM32H7マイコンは、GPIOとUSBコネクティビティの汎用的な機能性に独自のDSP機能と480MHzのクロック・レートを統合しています。Qu-Bit社は、高い処理能力を備えたSTのマイコンを採用することで、サウンド・エンジニアや実験音楽のミュージシャンから高く評価される革新的なサウンドを作り出すことができました。

 

この時点で、Qu-Bit社はデジタルがアナログに劣らないのみならず、より優れたものであることを証明しました。同社のフェーズ・ボコーダは、アナログ・ソリューションに存在しなかった新しいエフェクトである「タイム・ストレッチ」を実現しました。従来のモジュール式シンセサイザには、リバーブ、ディレイ、タイム・ストレッチ、サンプラといったエフェクトはありませんでした。 

 

あらゆる規模の企業を強力にサポート

Qu-Bit社がSTM32H7マイコンを採用した理由は、技術的な仕様だけではありません。コロナ禍の影響で、多くのホビー・ユーザがKickstarterのキャンペーンに参加した際、Qu-Bit社は10,000個のチップがすぐに必要になりました。このような状況に対し、STが迅速に製品を納入することで、Qu-Bit社や業界における他社の成長に貢献しました。 

 

Qu-Bit社は、STとのパートナーシップを継続しつつ、ミュージシャンが直面する課題に対応するため、消費電力の最適化を重視した革新を続けています。これらのイノベーションすべてが、革新的なサウンド・エフェクトと新たな音の原動力となっています。

STの対応は迅速で、2日以内に必要なチップを提供してくれました。

Andrew Ikenberry氏, Qu-Bit Electronix社 最高経営責任者(CEO)

Qu-Bit Electronix社について

カリフォルニア州サン・クレメンテに本拠を置くQu-Bit Electronix社は、2013年からモジュール式デジタル・シンセサイザを製造しています。音楽業界に携わり続けているQu-Bit社は、競合他社とパートナーシップを結ぶことで、ソリューションのライセンスを供与して、世界中の実験音楽ミュージシャン、サウンド・エンジニア、ホビー・ユーザにインスピレーションを与えています。Qu-Bit社は、自社製品に誇りを持ち、可能な限り製品を自社で1つ1つ作り上げています。 

Qu-bit logo