概要
製品セレクタ
ツール & ソフトウェア
リソース
ソリューション
eDesignSuite
Get Started

この低消費電力・高速のトランシーバ・ファミリは、RS-485、RS-422およびRS-423通信アプリケーション向けに設計されています。通常、これらのトランシーバは、ドライバとレシーバを1つずつ搭載し、半二重機能を構成します。ドライバ出力とレシーバ入力はいずれも最大±15kVの静電気放電から保護され、ラッチアップの発生はありません。これらのトランシーバは5V電源で動作し、無負荷時、または最大負荷であってもドライバがディセーブルであれば、極めてわずかな電源電流しか流しません。

産業用制御システム向けのSERCOSインタフェース・コントローラは、光ファイバ・リング、RS-485リング、およびRS-485バスを介したリアルタイム通信を可能にします。


Low-power RS-485 transceiver with selectable data rate and compatible with 1.8 V I/Os

A 3.3 V differential line transceiver for RS-485 data transmissions in half-duplex mode, the STR485LV includes an external slew rate select pin able to switch between a fast data rate up to 20 Mbps or a slow data rate up to 250 kbps for longer cables.

Able to interface directly with voltage logic from 1.8 to 3.3 V, this differential driver/receiver is robust over fast transient burst IEC61000-4-4 Class B conditions and the bus pins withstand over ±8kV contact discharge and ±16kV air discharge conditions without latch-up, exceeding IEC 61000-4-2 specifications.

Available in a small (3 x3 mm) DFN10 package with a temperature range from –40 up to +105 °C, the STR485LV is a perfect fit for a wide range of applications including telecom infrastructure, high-speed data links, and low-voltage microcontroller communications.

推奨コンテンツ

サポート & フィードバック