概要
HW評価ツール
Documentation
CAD Resources
ツール & ソフトウェア
主要製品
はじめる

現代ではあらゆるシステムにおいて、各サブシステムが(互いにごく近くにある場合でも、離れている場合でも)接続し合うことでデータ交換を実現し、システムに要求される動作と性能を実現するために必要な連携をしなければなりません。

これまで、新しい要求やユースケースに対応するため、有線通信に関するさまざまな技術と規格が開発されてきました。その例としては、USBやその新規格であるUSB Type-C™、個人向け電子機器のPower Delivery規格、ファクトリ・オートメーション向けのIO-Link、また世界規模で使われているEthernetなどがあります。

STは、さまざまな有線通信技術の効率的かつ迅速な実装をサポートするため、幅広いRFトランシーバとソリューションを提供しています。

IO-Link
IO-Link
IO-Linkはファクトリ・オートメーションに向けた、フィールドバスに依存しない通信規格...
続きを読む
IO-Linkゲートウェイ
IO-Linkゲートウェイ
IO-Link通信ネットワーク(IEC 61131-9)は、アクチュエータおよびセンサ・レベルに...
続きを読む
IO-Linkモジュール
IO-Linkモジュール
IO-Link通信ネットワーク(IEC 61131-9)は、アクチュエータおよびセンサ・レベルに...
続きを読む
PLC(電力線通信)
PLC(電力線通信)
電力会社は、複雑な電力分配ネットワークを効率的に管理するために、電力の供給量と...
続きを読む
USB Type-C & Power Delivery
USB Type-C & Power Delivery
USB Power Deliveryプロファイルによる最大100Wの給電を実現するとともに、PPS(Programmable Power Supply)機能を使用...
続きを読む
イーサネット
イーサネット
ファスト・イーサネットは、より広い帯域幅の実現に向けたコスト効率の高い...
続きを読む
フィールドバス & 産業用イーサネット
フィールドバス & 産業用イーサネット
ファクトリ・オートメーションでは、データ通信が不可欠であり、特にIndustry 4.0...
続きを読む