MySTに保存

有線通信

概要
ドキュメント
ツール & ソフトウェア
ソリューション
現代ではあらゆるシステムにおいて、各サブシステムが(互いにごく近くにある場合でも、離れている場合でも)接続し合うことでデータ交換を実現し、システムに要求される動作と性能を実現するために必要な連携をしなければなりません。 これまで、新しい要求やユースケースに対応するため、有線通信に関するさまざまな技術と規格が開発されてきました。その例としては、USBやその新規格であるUSB Type-CTM、個人向け電子機器のPower Delivery規格、ファクトリ・オートメーション向けのIO-Link、また世界規模で使われているEthernetなどがあります。 STは、さまざまな有線通信技術の効率的かつ迅速な実装をサポートするため、幅広いRFトランシーバとソリューションを提供しています。 Read more

IO-Link

IO-Linkはファクトリ・オートメーションに向けた、フィールドバスに依存しない通信規格です。センサやアクチュエータの接続に特化しており、IEC 61131-9規格によって定められています。 IO-Linkは、ファクトリ・オートメーション・システムで最も一般的に使用されているどの通信プロトコルとも、専用のインタフェースやブリッジを介して容易に統合できるため、既存のネットワークを拡張してリモート・センサやリモート・アクチュエータを接続するため、シンプルなソリューションとなります。これを基盤として、
View application

IO-Linkモジュール

IO-Link通信ネットワーク(IEC 61131-9)は、アクチュエータおよびセンサ・レベルにまで至る双方向のポイント・ツー・ポイント・データ通信に使用することにより、データの前処理、センサ・パラメータの調整、および高度な診断を可能にし、Industry 4.0への道を開きます。
View application

PLC(電力線通信)

電力会社は、複雑な電力分配ネットワークを効率的に管理するために、電力の供給量と消費量を瞬時に確認する必要があります。それだけでなく、時に電力需要の平準化につながる行動をとるように消費者に促す必要もあります。自動検針(AMR)やAMI(Advanced Metering Infrastructure)は、いわゆるスマートグリッドの概念を実現するために考え出された技術です。 有線通信技術の1つである電力線通信(PLC)は、G3-PLCやPRIME、Meters and More、SunSpecをはじ
View application

USB Type-C & Power Delivery

USB(Universal Serial Bus)は、最も広く使用されている有線接続テクノロジーの1つであり、コンピュータとその周辺機器、家電製品、自動車および工業用まであらゆるアプリケーションで使用されています。USBは、普及が進むにつれて、On-The-Go(OTG)機能を含み、より高いデータレートをサポートするように進化しました。今日、USBは、Type-CコネクタとPower Deliveryの登場で、より高い汎用性と大きな電力供給能力を実現しています。 STのポートフォリオには、OTG
View application

イーサネット

ファスト・イーサネットは、より広い帯域幅の実現に向けたコスト効率の高いソリューションであり、既存の10Mbpsのイーサネット・インフラストラクチャとの完全な互換性があります。またベンダ中立なテクノロジーであるため、高度なネットワーク相互運用性をもちます。 STM32マイコンのコネクティビティ・ラインは、MIIとRMIIに対応する完全な10/100イーサネットMACに加え、高精度時間プロトコルIEEE 1588に対応したハードウェア・サポートを特徴とし、リアルタイムのアプリケーションに向けたイーサ
View application

フィールドバス & 産業用イーサネット

ファクトリ・オートメーションでは、データ通信が不可欠です。特にIndustry 4.0のコンセプトの普及が進む中、その必要性はますます高まっています。従来のCAN(Modbus、CANopen)、RS-485(PROFIBUS、CC-Link、Modbus)、新しいCAN FD、リアルタイム・イーサネットなど、専用に開発されたフィールドバスをサポートするため、多くの規格が採用されています。さまざまなペリフェラルを持つSTの高性能32bitマイクロコントローラSTM32を提供し、外部トランシーバの
View application