概要
ソリューション
HW評価ツール
リソース
ツール & ソフトウェア
主要製品
Get Started

産業用駆動装置は次世代のファクトリ·オートメーションに欠かせない要素として、生産現場のあらゆる場所で多種多様なアプリケーションに使用されています。シャフトの回転やポンプ、ファンの駆動など、要件に応じてさまざまなタイプのモータが利用されています。産業用駆動装置内の電気モータには、ブラシ付き/ブラシレスDCや可変速度ドライブ、単層/3相ACモータといった幅広い技術を利用できます。

産業用駆動装置では、適切なモータに加え、速度やトルク、位置を制御するドライブやインバータ、ならびに、スイッチ、センサ、インダストリアルIoT(IIoT)の一部としての通信リンクなどが組み合わせられています。

STの製品

STは、8bitマイコン(STM8)、32bitマイコン(STM32)、パワー·ディスクリート製品(IGBTパワーMOSFETなど)、さらに数Wから何十kWにもわたる電源に対応したスケーラブルかつ効率の高いパワー段の構築に役立つ集積型パワー·モジュール(IPM)を提供しています。

さらに、STは幅広い高性能オペアンプおよびコンパレータスイッチング·レギュレータとリニア·レギュレータ、予知保全を可能にするMEMS慣性センサおよび環境センサを提供するとともに、開発と設計の時間短縮やコスト削減に役立つさまざまなソフトウェアおよびハードウェア評価ツールを提供しています。

    • 産業用駆動装置のアプリケーションでは、モータの負荷や速度、加速、減速、デューティ·サイクルについて考慮する必要があります。これらの基準は、馬力トルクの要件を決定するために使用されます。また、一定馬力と可変馬力のどちらを採用するのか決める際は、モータ速度とロータ位置の制御について考慮する必要があります。

      例えば、一定トルクによって可変馬力のアプリケーションを駆動する場合には、歯車ポンプやクレーン、ベルト·コンベヤ用駆動装置などがあります。これらのアプリケーションでは多くの場合、負荷が一定であるため、ACまたはDCの定速電気モータが使用されます。

      可変トルクによって一定馬力のアプリケーションを駆動する際は多くの場合、DCモータやサーボ·モータ、閉ループ制御を備えたACモータが使用されます。これらのモータは、ロール·ツー·ロール装置での巻き戻しや巻き直しのようなアプリケーションに利用できます。

      3番目に挙げるアプローチは、可変馬力かつ可変トルクです。これは遠心ポンプやファン、ミキサ、かくはん機などでしばしば用いられます。その理由は、こうした産業アプリケーションでは、速度が上昇するにつれて負荷も増すためです。このような設計の場合は当然、可変周波数駆動(VFD)が適切なソリューションとなります。

      直線運動駆動装置やアクチュエータでは、多くの場合、ロータとステータの位置の正確な制御が求められます。一方で、プレス装置やテンション·コントロール·システムでは、トルクの正確な制御が必要になる場合があります。これらのケースでは、高い性能を実現するために、フィードバック制御システムを備えた産業用のサーボ·モータステッピング·モータが多く使用されます。

    • 生産現場では、産業用モータ制御はさまざまなアプリケーションで使用されています。生産プロセスを自動化し、駆動装置をクラウドに接続することは、しばしばIndustry 4.0とも呼ばれる次世代のファクトリ·オートメーションに移行するうえで欠かせない過程です。これらのアプリケーションはファンやポンプ、サーボ·モータやリニア·モータなど、多岐にわたります。

      工場内の産業用駆動装置
      電気モータ駆動の産業用ポンプ
    • ACモータ

      ACモータに多く使用されるのは、速度とトルクを操作するための周波数コントローラを備えた単相誘導モータや3相ブラシレス·モータです。可変周波数駆動(VFD)やフィールド指向制御(FOC)のような制御手法が使用されることもあります。また、多相の信号を使用して駆動装置をより正確に制御する多相モータが用いられることもあります。

    • ファン

      生産現場のさまざまなアプリケーションにおいて、ファンは換気や冷却、ヒューム吸煙のために広く利用されています。軸方向、遠心方向、接線方向のエアフローや羽根のサイズと形状などの機械的構成には、入念な検討が必要ですが、これは、特定のモータを選択することに行き着きます。羽根のサイズや必要な回転速度に応じて、ブラシ付きもしくはブラシレスDCモータや、単相もしくは3相のAC誘導モータなどから選択が可能です。

    • フォークリフト

      電動フォークリフトは車輪の駆動や、重い積荷を持ち上げる油圧ポンプの作動など、色々な部分に産業用駆動装置を使用しています。パワートレインと油圧アクチュエータは一般的に、高出力低電圧インバータによって制御される永久磁石DCモータ(PMDC)を使用しています。

    • ポンプ

      ポンプは多くの産業用環境で目にします。ポンプの機械的構成やサイズ、形状はアプリケーションに応じて慎重に選択する必要があります。それと同様、システムに求められる全体性能を達成するために、モータの種類(ブラシ付きまたはブラシレスのユニバーサルDCモータ、単相または3相の誘導モータなど)や、選択したモータに適切なモータ·ドライブ装置も選択する必要があります。

    • サーボ·モータ

      産業用サーボ·モータはモータの加速、速度、位置を最大限の精度で制御したい場合に使用します。このモータは、高速での位置制御が求められるロボティクス·アプリケーションや、レンズのオートフォーカス制御あるいはアンテナの位置調整といった精度が必要とされるアプリケーションにおいて、多く利用されています。サーボ·モータでは、3相誘導モータ·ドライブ装置やBL(ブラシレス)DCモータに関わる高度なフィードバック制御ループも利用されます。

関連アプリケーション

ACドライバ
ACドライバ
ACモータは、可変周波数ドライブ(VFD)やフィールド指向制御(FOC)など...
続きを読む
サーボ・ドライバ
サーボ・ドライバ
サーボ・モータは、動作時の加速度、速度、および位置に最大限の精度が...
続きを読む
ファン
ファン
ファンは、多くの産業環境で換気、冷却、排煙などに広く使用されています...
続きを読む
フォークリフト
フォークリフト
電動フォークリフトは、重い荷物を持ち上げ、移送できるフォークを搭載した...
続きを読む
ポンプ
ポンプ
ポンプは多くの産業環境で使用されており、具体的な用途に応じて...
続きを読む
00 ファイルがダウンロード用に選択されています

プレゼンテーション & トレーニング資料

    • 概要 バージョン サイズ アクション
      An introduction to electric motors 1.0
      2.23 MB
      PDF

      An introduction to electric motors