CATEGORIES

iNEMO慣性モジュール

iNemoサブブランド・イメージiNEMO™慣性モジュールは、互いに補完しあう複数のセンサを小型かつ堅牢で組立てが容易な慣性測定ユニット(IMU)に集積しています。

iNEMOシステム・イン・パッケージ(SiP)は、加速度センサとジャイロ・センサをモノリシックな6軸ソリューションとして集積した製品です。

複数のセンサ出力を統合することでモーション・センシング・システムの精度を最大限に向上させ、ますます需要の高まる、より高度なジェスチャ認識、ゲーム、拡張現実、屋内ナビゲーション、および位置情報に基づいたサービスなどへの適用が可能になります。

アプリケーション

  • モーション・トラッキング
  • ユーザ・インタフェース
  • 電力最適化
  • OIS/EIS
  • コンテキスト認識
  • 活動モニタリング
  • ジェスチャ認識
  • 電源システム最適化
  • ユーザ・インタフェース
  • 骨伝導検知による強化された発話状態認識
  • バッテリ節電
  • モーション・トラッキング
  • ユーザ・インタフェース
  • ナビゲーション
  • ユーザ・インタフェース
  • 高度コンテキスト認識
  • バッテリ節電
  • システム電源最適化

成長し続けるiNEMOセンサ・ファミリ

STのiNEMO製品ポートフォリオには、慣性測定モジュール、機械学習コア内蔵モジュール、およびインテリジェント・センサ処理ユニットなどがあります。

  • 慣性測定モジュール

    本センサは、単純な動作検出を超える洗練された機能と能力を備え、姿勢およびジェスチャ認識用としてクラス最高レベルのモーション・センシングをアプリケーション開発者に提供します。本モジュールは、ハードウェア機能を内蔵しており、効率的で信頼性の高いモーション・トラッキングとコンテキスト・アウェアネスを実現しています。

  • 機械学習コア内蔵のセンサ

    機械学習コア内蔵のiNEMO慣性モジュールは、システム・レベルで電力をさらに節約できます。MLCは、センサがモーション・データを検出しながら分類ベースのAIアルゴリズム(ディシジョン・ツリー)にてさまざまなタスクを実行できる内蔵センサ・エンジンです。

  • インテリジェント・センサ処理ユニットを備えたセンサ

    このまったく新しいタイプのセンサは、高度に集積された超低消費電力回路をベースにしています。インテリジェント・センサ処理ユニット(ISPU)は、センサ内で信号処理とAIアルゴリズムを実行でき、よく使用されているほとんどの開発ツールと互換性のあるC言語でプログラム可能なプロセッサです。ISPUセンサは信号処理とAI推論、機械学習とディープ・ラーニング、そしてバイナリ・ニューラル・ネットワークをもサポートしているため、マイクロワット単位の電力バジェット内においてもプログラミングに幅広い柔軟性を持たせることができます。

メリット

  • 常時オンのアプリケーションで最高クラスの低消費電力
  • 対時間および対温度安定性能が高く、優れたモーション検知とコンテキスト認識を実現
  • 非常に高い堅牢性を保証する優れた耐衝撃性
  • 機械学習アルゴリズムを低消費電流(マイクロAオーダー)でローカル処理
  • 柔軟なセンサAIプログラミング
Update: ISM330ISN and ISM330IS, Sensors with Intelligent Sensor Processing Unit for Greater AI at the Edge
MEMSセンサによる機械学習システム用開発エコシステムについてご確認ください