CATEGORIES

マイクロコントローラ & マイクロプロセッサ Minimize menu

概要
製品セレクタ
ソリューション
Documentation
CAD Resources
ツール & ソフトウェア
eDesignSuite
はじめる

STM32H7A3 / 7B3ラインは、Arm® Cortex®-M7コア(最大280MHz、倍精度浮動小数点ユニット内蔵)を搭載しています。

性能

  • 280MHz fCPU/、1414CoreMark/599DMIPS(Flashメモリからのコード実行、L1キャッシュによるゼロ・ウェイト・ステート命令実行時)
  • L1キャッシュ(各16KBの命令キャッシュおよびデータキャッシュ)により、処理性能を落とすことなく外部メモリからのコード実行が可能

セキュリティ

STM32H7B3ラインには、以下のセキュリティ機能が搭載されています。

  • 暗号化 / ハッシュ・ハードウェア・アクセラレーション
  • Octo-SPI外部シリアルFlashメモリにおけるオンザフライでの復号
  • セキュア・ファームウェア・インストール(SFI)が組み込まれたセキュリティ・サービスにより、初回プログラミング時にソフトウェアIPを認証および保護
  • セキュア・ブート – セキュア・ファームウェア・アップデート(SBSFU)

高い電力効率

  • デュアルパワー・ドメイン・アーキテクチャにより、各パワー・ドメインを低消費電力モードに設定し、電力効率の最適化が可能
  • 供給電圧を低下させることができるスイッチング電源(SMPS)を内蔵し、外部回路への電源供給や特定の用途向けにLDOと組み合わせることも可能
  • Typ.: 120µA/MHz(VDD = 3.3V、25°C、Runモード(ペリフェラルはオフ)、SMPSの場合)
  • Typ.: 32µA(STOPモード(低消費電力モード)の場合)
  • Typ.: 2.2 µA(Standbyモード(低消費電力モード)の場合)
  • Typ.: 0.74 µA(VBATモード(低消費電力モード、RTCは作動)の場合)

グラフィックス

  • デュアル・グラフィックス・レイヤをサポートするLCD-TFTコントローラ・インタフェース
  • Chrom ART アクセラレータ™によりグラフィック・コンテンツの作成が強化されると同時に、CPUからグラフィック処理をオフロードすることで、CPUリソースをグラフィック処理以外の用途に割り当てることが可能
  • Chrom-GRC™によりRAMの使用が最適化
  • JPEGハードウェア・アクセラレータにより、JPEGの高速エンコーディングおよびデコーディングを実現し、CPUの負荷を軽減

内蔵ペリフェラル

  • CAN FD、USB 2.0ハイスピード / フルスピード、カメラ・インタフェース、パラレル同期データ入出力スレーブ・インタフェース(PSSI)など、最大35の通信インタフェース
  • 32bitパラレル・インタフェースまたはデュアルQuad-SPIシリアルFlashメモリ・インタフェースを備えたフレキシブル・メモリ・コントローラによる、優れたメモリ拡張性
  • アナログ: デュアル16bit A/Dコンバータ
  • 複数の16bitおよび32bitタイマ(最大280MHz動作)

STM32H7A3 / 7B3ラインは、1MB~2MBのFlashメモリ、192KBのTCM RAM(高速性重視のルーチン用の64KBITCM RAMおよびデータ用の128KBDTCM RAM、1.18MBのユーザSRAM、および低消費電力モード中にデータを保持するバックアップ・ドメインにある4KBのSRAMという分散アーキテクチャを搭載し、BGAおよびLQFPの64ピン~225ピン・パッケージで提供されます。


STM32MCU WIKI
discover STM32 MCUs